【決断が遅れると人生のストーリーが書き換わる】

【決断が遅れると
人生のストーリーが書き換わる】

迷った時、

自分の未来が分かっているならば

たやすく決断できます。

それは当たり前のことですが、、、

先のことは誰にもわかりません。

では、

決断できるためにはどうすれば良いのか?

まず、

迷いというのは、

左脳の働きによって生まれています。

なぜかというと、、、

左脳は、

危険察知脳の

役割分担をになっているため、

過去の経験から、

データを割り出し、

これから始めることが、

うまくいくかどうか?

リスクがあるかどうか?

という事を左脳は常に考えています。

人間の脳は

無意識にその思考を繰り返しています。

この左脳の働きが、過剰になると

決断することができなくなります。

もっと言うと

決断が遅れると、

未来のすべてのストーリが書き換わっていきます。

決断できる脳のバランスをとるには、

左脳の思考を休止させ

右脳優位の、考え方にする事で、

より早く、決断することができます。

そして、

1分、1秒、、、

迷いや、悩む時間を減らしていく事で、

自分の目指す人生のビジョン時短に繋がります。

「見切り発進、同時進行」

全てのタイミングは完璧です。

脳をシータ波にする事で、より

クオリティの高い、

決断をすることができます。

自分の直感が、

すべての答えを教えてくれます^_^

2019年1月
東京目白
瞑想シータ施術可能日
1月14日〜1月25日
marika room Mejiro
https://marika04.3minhp.com/meditationtheta-3/

瞑想シータセラピスト養成講座
体験 説明会
https://marika04.3minhp.com/meditationtheta/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

美人脳という生き方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。