感謝の言葉はあなたを不幸にする

「スピリチュアル」という言葉や概念に嫌悪感を抱く人は世の中に少なくありませんが、逆に、「スピリチュアルが好き」という人や、「少なからず興味を持っている」人も、同様に世の中に多くいます。

占いやパワースポット巡り、パワーストーンのアクセサリーなどはスピリチュアルの範囲内で語られますし、レイキヒーリングに代表されるようなヒーリング療法も、スピリチュアル的メソッドとして一般的に理解されています。

ところで、占いに関していえば、かなり多くの人が星占いなどに興味を示しますから、「ジャンルによっては多くの人に支持されているスピリチュアルもある」と言って良さそうです。

(もっとも、占いは統計学だと言う人もいますね。それはそれで一理あると私も思います)


さて、先日このような記事を読みました。
↓ ↓ ↓
本物のスピリチュアルヒーラーになるには?向いている人の素質と特徴

「スピリチュアルヒーラー」なるものに、なりたいと思う人はかなり少ないと思いますが(笑)、

①スピリチュアル、つまり「目に見えない精神的なもの、または精神性」に心ひかれる人

②スピリチュアル(的なもの、またはその考え方)を生活に取り入れて、幸せな人生を送りたい人

は冒頭で書いたように、少なくありません。

ちなみに、この記事のサイトのキャッチフレーズは、『あなたの魂を救うスピリチュアルメディア』だそうです。
なるほど、サイト全体を見てみると、占いやパワースポットなどの情報が多いようなので、スピリチュアルが好きな、上記①②に当てはまる人(主に女性)を読者ターゲットにしているのでしょう。


さて、この記事の前半の、【スピリチュアルヒーラーに向いている人の2つの素質】については、(ツッコミどころ多数でしたが)なるほどまだ理解できるものでした。

ところが、衝撃的だったのが後半です。

【スピリチュアルヒーラーに向いている人の4つの特徴】として、

1. プラス思考
2. 明るい笑顔
3. 温厚である
4. ライフスタイルが自然派である

と書かれていて、私、ずっこけました。ホントに椅子から転げ落ちるかと思うくらいビックリしましたし、目が点になりました。

それくらい、私の考え方やスピリチュアルに関する観点と大きく違っていたんです。

これを書いた人は、よほどスピリチュアルに関して偏った視点や思いこみをお持ちか、または、スピリチュアルヒーリング(の実情)をまったくご存じなく想像で記事を書いたのだろう…と感じました。


でも、もしかして、と思ったのです。

この記事の書き手と同じように、スピリチュアルが好きな人や、生活に取り入れようとする人で、スピリチュアルに関して激しい誤解をしている人もいるんじゃないか?ということに。


たとえば、あなたは、この記事で書かれているように

「プラス思考が大事」
「明るい笑顔が大事」
「温厚さが大事」
「ライフスタイルが自然派であることが大事」

だと、思ってませんか??

はっきり申し上げると、そんなことは、実は全然ありません。


上記4つの特徴への反論

今日の記事は、まずこの4つについて反論するとともに、後半部分で、多くの人が抱いている「感謝の言葉」の使い方についての大いなる誤解も解いていきます。


1. プラス思考が大事 への反論

記事では「極度のプラス思考であること」が良い、と書かれていますが、そもそもこの現実世界において陰と陽は一対のものですし、マイナス思考と言われるものも、それじたい悪いものでもなければ、抑圧すべきものでもありません。
むしろ、ネガティブ思考を抑圧することが問題を生みます。


2. 明るい笑顔が大事 への反論

明るい笑顔によって癒される、というのも場合によりけりです。

少なくとも、私ならば、誰かに深く癒されたいと願うようなとき、ヒーラーや相談相手に満面の明るい笑顔で迎えられたいと思いません。
あくまで「寄り添う態度と表情と言葉」が重要であり、笑顔が重要なわけではないからです。
そして、もちろん「貼りついたような作り笑顔」は気持ち悪いです。

誰かを癒そうとするとき、無理して笑顔を作る必要はありません。

笑顔を作ると筋肉が刺激されてホルモンが出る…というのは、(科学的に実証されているようですが)その効果を得たいのなら、本人がそうすれば良いだけの話。

笑顔は、誰かに強制したり、誰かから強制されたりするものではありません。


3. 温厚さが大事 への反論

怒りを我慢して抑圧すると、肉体と精神の健康が損なわれます。
怒りを隠して温厚でいようとすると、病気になります。

ちなみに、本当に他人を癒すことができるヒーラーは、過去に自分自身の怒りの解放を何度もおこなってきています。そして、クライアントの怒りの解放も適切におこないます。

怒りは悪ではありません。人間にそなわった大切な感情のひとつです。その感情抜きにして前に進めない局面があることを、本当のスピリチュアルヒーラーは知っています。


4. ライフスタイルが自然派であることが大事 への反論

そもそも、自然派って何なんでしょうか?
4つの特徴のうちもっとも意味不明だと思ったのはこの項目です。

たとえば記事ではスムージーやハーブティーが「良いもの」として書かれていましたが、カラダもココロも、ひとりひとりみんな違いますから、合う・合わないが当然あります。
スムージーで体を冷やす人もいるでしょうし、体質に合わないハーブを無理して摂取するのは害悪です。

自分に必要なものは何か、合っているものは何か、を自分のカラダとココロに丁寧に向き合いながら賢く見極めて選択していけば良いのです。

自然派を自認する人たちに忌み嫌われることの多い石油由来・化学合成の薬品や商品を使うことがベストなシチュエーションだってもちろんあります。

どの土地に暮らすかも同様です。
都会に住みながら幸福で精神的に満たされた生活をすることもできます。
すべて、自分のカラダとココロに問いかけながら、自分で決めれば良いことです。


さて、記事への反論はこのくらいにして(前置きとしては長かったですが笑)「感謝の言葉」の使い方についてです。


感謝の言葉を使えば使うほど不幸になる人

「言霊(ことだま)」という言葉があります。

Wikipediaによると、言霊とは

一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。
(中略)
声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

と説明されています。

ポイントは、

「声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ」

「良い言葉を発すると良いことが起こり」

「不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた」

の部分です。


「発する言葉が外側の現実になんらかの影響を与える」というのは、誰もが、直感的に or 経験則的に知っていることです。

「ありがとう」や「大好き」などの言葉は言われれば気持ちがいいですし、逆に「ばかやろう」や「死んでしまえ」などの言葉は、言われれば不快な気持ちになります。

人に良い気持ちを与える人は厚遇され、人に不快な気持ちを与える人は忌避される…それは人間心理として当然ですから、その意味で、言葉の選択によって現実が変わっていくのは事実です。


自分が発した言葉は自分の耳でも聞きますから、発する言葉に気をつけている、という人も少なくないでしょう。
汚い言葉や下品な言葉を好きこのんで聞き続けたいという人はいません。

また、子育て中の親ならば、親の言葉づかいを子供がそのまま真似することを知っているので、どうせ使うならば「耳に心地良い言葉」を使うように気をつけます。


ここまでは良いのですが、問題はその先です。

自己啓発系またはスピリチュアル系の本やセミナーにおいて、よく、「感謝の言葉」の重要性がしつこく説かれることがあります。

「ありがとうございます」
「おかげさまです」
「ご縁に感謝です」

など、表現はいろいろありますが、

『これらの感謝の言葉を言えば言うほど良い。幸せを引き寄せる』という考え方があります。

極端になってくると、「1日に1万回唱えなさい」「寝る前に唱えながら眠りなさい」と主張するセミナー講師や有名な本の著者もいます。


でも、言葉の重要性について理解しているからこそ、私は、感謝の言葉を唱えれば唱えるほど、どんどん不幸になる人がいることを知っています。

そのような人たちは、【全員同じ共通した特徴】を持っています。

この特徴に当てはまる人は、「1日1万回」とか「寝る前に唱えながら眠る」などは、もし頑張ってやっているなら即刻やめたほうが良いです。ますます不幸になるばかりです。

では、それはどんな特徴を持った人かというと、

この続きをみるには

この続き:2,216文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年9月~12月の4か月間に発行した記事17本をまとめたマガジンです。単品購入より圧倒的にお得になっています。

または、記事単体で購入する

感謝の言葉はあなたを不幸にする

田中真理子@心理セラピスト

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

田中真理子noteマガジン Vol.2

2017年9月~12月の4か月間に発行した記事17本をまとめたマガジンです。単品購入より圧倒的にお得になっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。