倦怠期が来ないカップル(夫婦)はみんな自己中に生きている

あなたは今のパートナーとつき合って何年、結婚して何年ですか?

「ときめき」を持ち続けてますか?

もしかして、ときめくどころか、パートナーとの関係をあきらめてませんか?
長~く続く倦怠期に、心底うんざりしてませんか?


「ときめき」が続かないのは生物としてあたりまえ

どれだけ激しく燃えあがる恋愛でも、
運命の人に出会えた!と確信した恋愛でも、
100%の確率で「ときめき」は消えます。

恋愛の「ときめき」って、およそ何年で消えるか知ってますか?

どれだけ長い人でも、3~4年と言われています。
「ときめき」の正体である脳内物質にPEA(フェニルエチルアミン)というものがあります。このPEAは、興奮したりドキドキしたりすると分泌され、これが「ときめき」となって人は恋に落ちるのです。

このPEAは、同じ人に分泌しつづけるのは3~4年が限度と確認されています。

恋愛初期の、「会いたくてたまらない」「いてもたってもいられない」感情は、このPEAや、ドーパミン、アドレナリンなどのホルモンが体内をかけめぐっている状態ですね。強烈な興奮状態です。

これらは脳内麻薬のはたらきがあり、「ときめき続ける」ことは、麻薬が出つづけることです。そんなことになったら、人間は生物として生きていけませんから、「ときめきが薄れる」のは生物として「あたりまえ」なのです。


カップルは、3段階目で「倦怠期」にいたる

よく「倦怠期」なんて言い方をしますが、
ときめきが薄れる、イコール倦怠期、ではありません。

カップルが倦怠期にいたるまでの道のりは、こうなっています。

<カップルの関係の移り変わり>

【第1段階】ときめきドバドバの、ラブラブ期
  ↓
【第2段階】相手に要求や不満が出る、ケンカ頻発期
  ↓
【第3段階】ケンカするだけ無駄だとあきらめる、倦怠期

PEAやドーパミンがドバドバ出ているラブラブな時期(第1段階)は、早ければ交際3か月くらいで落ち着いてきます。

お互いを深く知るにつれて「違い」が見えてきて、お互いに「ああしてほしい」「こうしてほしくない」などの要求や不満が出てきます。
これが第2段階です。
ケンカやすれ違いが徐々に増えてきます。

それでも、この第2段階のカップルは、相手にまだまだたくさん期待をしています。期待しているから、怒るし、ケンカするのです。

そしてケンカのあと、仲直りをして逆にラブラブ状態が復活することもよくあります。この第2段階では、まだお互いに「ときめき」が残っているのです。


倦怠期とはいったい何なのか?

倦怠期とは、第3段階の
「パートナーにうんざりし、期待するのをやめ、あきらめた状態の時期」
です。

第2段階で何度もストレスフルなケンカをしたあげく、
「何度言っても、この人は変わらない」
とウンザリしてくると、相手に期待するのをやめ、第3段階に進みます。

期待しないので、ケンカが少なくなります。
ケンカしても無駄だと思うようになるからです。
(その結果、見た目の関係性は第2段階より穏やかになります。)

ケンカが減る代わり、相手への思いも、相手との関係も、どんどん冷えていきます。これが倦怠期です。


ちなみに、第1段階と第2段階は、行ったり来たりしますし、第2段階と第3段階も、行ったり来たりします。
ただ、第3段階に進んであまりに長く時間がたってしまうと、そう簡単には第2段階に戻れなくなります。

その理由は、「あきらめ」の感情は、いちじるしく心を弱らせて、ケンカするパワーを奪うからです。

第3段階の倦怠期では、ケンカしなくなるので生活は一見穏やかになりますが、内心とても「空しい」という感情・感覚を抱えます。
この「空しい」心のスキマに耐えられず、別れを選んだり、浮気をしたりする人が後を絶たないのが、倦怠期の特徴です。


八方ふさがり!の倦怠期

「倦怠期」を迎えて相手にうんざりしてしまったとき、
あなたはどうしますか。
これまでの恋で、どうしてきましたか。

選択肢① 別れる選択肢② 浮気する選択肢③ がまんする 

のいずれかしか、なかったのではありませんか?

実際に、「①別れる」を選ぶカップルは少なくないです。

夫婦の3組に1組は離婚する時代です。
でも「離婚は結婚の何倍もエネルギーを使う」と言われるとおり、その前後ではげしく疲労する人が多いのも事実。


「②浮気する」は、よほどうまくやらないと、遅かれ早かれバレます。

死ぬまで秘密として隠しとおせるなら、それはなかったのと同じですが、死後に生前の浮気がバレて遺族が修羅場になった、なんて話もあります。笑

最近では「ポリアモリー(複数愛)」という概念も登場してきましたし、
両者が合意していれば、それぞれ複数のパートナーを持って、倦怠期を乗り切っていくというのは画期的な解決策です。

これなら、「ときめき」をつねに外から得られますね。

ただ、現代日本では、自分にも相手にも浮気をNGと決めている人がまだまだ多いので、倦怠期の乗り越え方として「②浮気する」が良い方法としてバチッと当てはまる人は、ごく少数でしょう。


「①別れる」「②浮気する」は、行動を起こすことで倦怠期を打破する方法です。
逆に、「③がまんする」は、「行動しない」ことを選ぶ方法です。

でも、この「③がまんする」は、心にも体にも悪い影響を与えます。
本当に言いたいこと、やりたいことを抑えこむのですから、相当なストレスを抱えます。


じゃあ、いったいどうしたらいいのでしょう?

第4の選択肢として、別れず、浮気せず、がまんせずに、倦怠期を乗り越える方法はあるのでしょうか?

ありますよ。

どうやって?

相手の良いところを見つけ出す?
昔のロマンスを思い出す?
もしかして、いまさらセックスしなくちゃいけない?
何か頑張らなくちゃいけないの?

いいえ、どれも違います。

それは、「100%、自己中になりきる」ことです。

どういうことかというと、ちゃんとカラクリとルールがあります。
このカラクリとルールを知れば、なるほど!!と思うはずです。

この続きをみるには

この続き:2,257文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年6月~8月の3か月間に発行した記事19本+おまけ1本の合計20本をまとめたマガジンです。単品購入より圧倒的にお得になっています。

または、記事単体で購入する

倦怠期が来ないカップル(夫婦)はみんな自己中に生きている

田中真理子@心理セラピスト

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

田中真理子noteマガジン Vol.1

2017年6月~8月の3か月間に発行した記事19本+おまけ1本の合計20本をまとめたマガジンです。単品購入より圧倒的にお得になっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。