きれいなご主人様

ボクのご主人様はうつくしさにこだわっている。
家にいるときはサラサラで気持ちのいいお洋服を着ている。
散歩に出かけるときはキラキラしていたり、ツルツルしていたり、
フリフリしたりしたカワイイお洋服を着ている。
そんなご主人様の隣にいるボクも、素敵なお洋服を着せてもらってる。

ボクはお出かけするとき、少しリンとして鼻を高くして歩くんだ。
そうしたらすれ違う人たちがボクのことを「かわいい」と言う。
ご愛想でシッポなんか振ってみると、その人たちは簡単に喜ぶ。
なのに、ご主人様を見てすぐに目を逸らす。
そして、少しだけニヤッとする。
それから、コソコソと隣の人とお話をし始める。
たまに、ジロジロと舐めるように見る人もいるけど。
不思議なんだ。
ご主人様はキレイなのに誰も褒めてくれない。
ご主人様はカワイイのに誰もそうは言ってくれない。
ご主人様はうつくしさにこだわっているのに笑われてしまう。

不思議そうな目で見ているボクにご主人様が気付いてしまった。

「嫉妬だよ」

あぁそうか。
うつくしいご主人様にみんな嫉妬しているんだ。

ボクはホッとしてご主人様の足にすり寄った。
ボクはご主人様の足が大好きだ。
ツルツルするところとジョリジョリするところが楽しいから。

「みんな、なりたい姿になれないから。自由がないから」

そうご主人様が言った。
ボクはよく意味が分からなかったけど、
ご主人様はやっぱりキレイだから、1回吠えて褒めてあげたんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで下さり、ありがとうございます。どうか具体的な応援をお願いします。ご支援頂けましたら、皆さんになにか返せる形のモノ(舞台・イベント等)に使わせて頂く予定です。が、今のままでは生活費に消えてしまいます。ハッパかけて下さい。

Be HAPPY!!
6

麻利央書店

麻利央書店

高島麻利央による、短編小説~無料版~

コメント1件

ご主人様は「みんななりたい姿になれない、自由がないから」と言ったけど、そのご主人様も美しさにこだわりキレイな姿にしかなれないのも自由がないですね (⌒-⌒; )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。