見出し画像

英国ファストファッション「ブーフー」ビジネスモデル

ネット通販型のアパレル「ブーフー」

従来のアパレルでは、流行しそうな製品の売上見込みを立てて、生産量を決定して販売を開始するらしい。しかし、「ブーフー」は、初回の販売や生産数を抑えて、SNSで顧客の反応を予め見てから、追加生産をしているようである。18年2月期の売上高は、5.8億ポンドで前期比2倍に急上昇しているようである。

これによって、新商品をいくつも出している事によって、顧客に飽きられないようにしているようである。小売の場合は、在庫リスクを抱えるとそれがどんどん運転資金の低下に繋がるため、非常に効率の良いビジネスモデルである。少し考えたリスクは、①すぐに買えないということで顧客を逃さないか? ②大量生産をできないことでコストをおさえることができないのでは?

これからも似たようなサービスができないかなぁ……

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
大学院生。朝活中 海外映画・ドラマ大好き。Netflix, Prime Video, 2020年から戦略コンサルor外資金融orベンチャー就職予定。 ビジネス/Marvel/Suits/Mentalist/programming/python/読書/心理学/Youtube
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。