見出し画像

アメリカの課金ユーザー「スマホゲームに年間いくらつかった?」ポケモンGOは3,200円、モバイルストライクは3万円。

調査会社「Slice」さんが、アメリカユーザーのモバイルゲーム(いわゆるスマホゲーム)の、年間課金額を出していたのでメモ。

アメリカの1課金ユーザーあたり年間いくらつかった?

・ゲーム・オブ・ウォー(33,600円)
・モバイルストライク(30,900円)
・ブームビーチ(10,200円)
・クラッシュ・オブ・クラン(7,500円)
・キャンディクラッシュ(7,500円)
・キャンディクラッシュソーダ(7,300円)
・ヘイデイ(7,100円)
・クラッシュ・ロワイヤル(6,200円)
・ハースストーン(6,000円)
・ポケモンGO(3,200円)

※1ドル=100円でざっくり換算してます。アプリのリリース時期(例えば「ポケモンGO」は2016年7月公開)は考慮する必要はあると思います。

「クラロワ」が「キャンディクラッシュ」とそう変わらないのを見ると、思ったよりも課金額的にはカジュアル寄りなんですね。

参考:https://intelligence.slice.com/mobile-gaming-2016-pokemon-go-caught-revenue-game/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

読んでいただきありがとうございます!
6

アプリマーケティング研究所

アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。