わたしは「承認欲求のカタマリ」出会いアプリを転々として「ほめ言葉」を浴びつづける10代女子の欲望。

スマホユーザーにインタビューしました。

<目次>
1、わたしは「承認欲求のカタマリ」出会いアプリを転々として「ほめ言葉」を浴びつづける10代女子の欲望
2、実際に1週間で5〜6件もの応募があった、ツイッターでの「パパ活アカ」のつくり方

1、出会いアプリを転々として「ほめ言葉」を浴びつづける10代女子の欲望と「パパ活アカ」のつくり方。

一人目は、神奈川県のマルコさん(19歳)

「よくつかっているアプリ」を教えてください。

すこし前ですけど「出会い系アプリ」をよくつかっていました。今まで、つかったことがあるのは、YYC、Tinder、ペアーズとかです。

なんで「出会い系アプリ」をつかうかっていうと、承認欲求が満たされるからですよ。とにかく、男の人が褒めちぎってくれるのがたまらない。

そういう使い方は、仲良い友達に言ってもドン引きされますし、親にも絶対に絶対にいえないんですけど、わたしはそこにハマってしまった。

もともと、ポイントがもらえるアプリから、なんとなく「出会い系アプリ」をダウンロードしたのが、やりはじめたキッカケでしたね…。

「褒めちぎってくれる」とはどういうことですか?

若い女の子って「出会いアプリ」に登録するだけで、たくさんメッセージがくるんですよ、ずーっと放っておくと数百通溜まったりするくらい。

そこで「ほんとかわいいね」「かわいいから連絡しちゃった」みたいな、現実世界では言ってもらえないことを、いっぱい言ってもらえるのが良い。

わたし、リアルでは「お笑い系キャラ」みたいなノリなので、あんまりそうやって女の子として、褒めてもらえることがないんですよ…。

「女の子として褒めてもらえる」のがうれしくて、出会いアプリをやっているってことですね。

そうです。だから、基本は「メッセージで褒めてもらう」のが目的で。やり取りが進んできてめんどうになると、アプリを消しちゃうんですよ。

それで、どんどん次のアプリにいくんです。アプリのアカウントを消して、また次のアプリでアカウントをつくる。そうやって、アプリを転々として。

ほんと自分のこと「承認欲求のカタマリだな」って思いますね。メッセージくれた男性のみなさんには、なんだか申し訳ないなとは思います。

でも言ってみれば、みんなが「インスタで”いいね”をもらうため」にどこかに行くのと、そう変わらないのかなと思ったりもします。

そうやって言うと「オマエは倫理観がない」って友達によく怒られます...。笑

そこから「実際に会ったり」はしないんですか。

この続きをみるには

この続き:921文字/画像3枚
記事を購入する

わたしは「承認欲求のカタマリ」出会いアプリを転々として「ほめ言葉」を浴びつづける10代女子の欲望。

アプリマーケティング研究所

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

また見にきてくださいね!
14

月刊アプリマーケティング

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。