グーグルや楽天の検索では「テンションが上がらない」女子大生がインスタで「ほしい水着」を探し回る理由。

スマホユーザーにインタビュー。インスタを使いこなす女子大生の話。

<目次>
1、同じ水着でも「インスタ」で見ると、テンションが上がる理由
2、写真目当てで「イタリアの離島」にいき2時間で帰った
3、旅行するときは、インスタ検索して「センスの良い人」を探す
4、旅行における「雑誌」と「インスタ」の価値の違い
5、行きたいお店は「グルメな子」のインスタで見つけて2重チェック
6、インスタから「お店の予算感」を分析する方法
7、お店の価値は「写真に残して楽しそう」も重要になっている

東京都のオダさん(21歳 大学生)

インスタから何か「モノを買う」ことってありますか。

水着はインスタから買います。ハッシュタグの「#水着」で調べたりして。それで「いいな」と思ったら、通販サイトにとびますね。

とくに「安めのネットショップ」の投稿をみることが多いです。「かわいいアイドルが着てる水着」もいいのですが、それだとけっこう高いので。

どうして、インスタで調べるんですか。グーグルとか楽天でも検索できますよね?

なんだろう...まったく同じような水着でも、インスタだと「かわいく見えてしまう」というのがあって。

インスタだと、かわいい女の子が水着を着て、かわいく撮っているわけじゃないですか。だから「いいなあ、ほしいなあ」って気持ちになりやすい。

なんか、グーグルとか楽天だと「安い水着は安っぽく」見えちゃうし、いまいちテンションが上がらないんですよね。笑

そういう「インスタだと、テンションが上がりやすい」というのはあるかな。

なるほど。あと、スマホでSNSを見て「どこかに行ったこと」ってありますかね。

イタリアの「ブラーノ島」という離島が、SNSですごく話題になっていて、友達とイタリア旅行にいったときに、行ってきたことがあります。

そこには、何があるわけでもなくて「カラフルな建物」があるだけなんです。でも、それを撮ると「すっごくキレイな写真」が撮れるんですよ。

そこに行くのは「写真を撮るのが目的」なんですか?

もう、それに近いですね。好きなだけ写真をとって満足したら帰る。ほんとにみんな「写真目当て」で来ている感じ。

わたしが行ったときにも、いろんな国の人たちが来ていたのですが、みんな写真しか撮っていませんでした。わたしも2時間で帰りましたし。笑

それで、撮った写真はインスタにあげるんです。空が曇っていたら「晴れている風」に加工してから、投稿することもあります。

そういう風に「インスタでどこに行くか」を決めることって多いんですか。

すごく多いですね。やっぱり、見た目がいいところ、カワイイところに行きたいからです。

旅行にいくときは、インスタで検索して「センスの良い人」を見つけて、その人の「前後の投稿」を見てみます。

そうすると、その人が「旅行中どこに行ったのか」がわかるんですよ。別に、日本人じゃなくてもいいんです。写真なら「大体のこと」がわかるので。

たとえば、韓国の子は「フォトジェニックな写真」をあげていることが多いから、そういう子の写真を参考にすることも多いですね。

この続きをみるには

この続き:1,507文字/画像4枚
記事を購入する

グーグルや楽天の検索では「テンションが上がらない」女子大生がインスタで「ほしい水着」を探し回る理由。

アプリマーケティング研究所

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

読んでいただきありがとうございます!
32

月刊アプリマーケティング

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。