結婚式も「インスタ映え」花嫁が花婿の65倍も「手作り結婚式」の写真を投稿、結婚式の「専用ハッシュタグ」までつくる理由

スマホユーザー2名にインタビューしました。

<目次>
1、インスタで「#花嫁diy」が流行(「#花婿diy」の65倍)
2、結婚式も「インスタ映え」の時代になっている
3、自分たちの結婚式の「専用ハッシュタグ」までつくる理由
4、ハワイの砂浜にプロカメラマンを呼び「前撮り」する人も
5、インスタにない「通販機能」を他のアプリで補う方法
6、最近の美容室は「インスタからの集客」が重要経路に。
7、美容室で客にウケてる「インスタストーリー」2つの活用法。

1、結婚式も「インスタ映え」花嫁が花婿の65倍も「手作り結婚式」の写真を投稿、結婚式の「専用ハッシュタグ」までつくる理由。

一人目は大阪のユミさん(27歳 会社員)

「よくつかっているアプリ」を教えてください。

インスタをよくつかいます。去年に結婚式を挙げたんですけど、インスタの「#花嫁DIY」を参考にしながら、かわいい結婚式をつくりました。

手作りの「かわいい招待状」をつくってる個人の方を見つけたので、インスタで連絡して「席札」をつくってもらったり。

ホテルが用意する「席札」って可愛くないんですよ。せっかく結婚式をやるなら、思い出に残るものにしたかったので、こだわってしまいました。

※インスタでの「#花婿diy」と「#花嫁diy」の投稿数には65倍もの開きがある。圧倒的に花嫁側(女性)の熱量が高そう。

※ほぼ同義と思われる「結婚式diy」も調べて見たところ、グーグルでの検索回数が急増中。インスタでの投稿数は7.7万件。

最近は結婚式も「インスタ映え」を意識するんですね。

そうです。結婚式も「インスタ映え」の時代です。インスタ風のフォトフレームを置いたり、専用のハッシュタグをつけている人もいますよ。

例えば、ショウジさんとセイコさんだったら、ハッシュタグ「#S&S_0914」みたいに決めて、それをつけてインスタに投稿してもらうんです。

そうすると、みんなで撮った写真を共有できて、写真を送り合ったりする手間も省けますし、インスタ上に思い出も残せるというわけです。

そこまでやるんですか。

そうですね、わたしも自分の結婚式のときに、女友達がインスタにあげやすいように、ちょっとした「フォトスポット」も用意しましたから。笑

ここで待ち時間に「自撮りを撮ってもらえたらいいな」って。文字にライトが入った「マーキーライト」を手作りして置いておいたり。

なるほど、すごいですね。

わたしの友達は、ハワイで結婚式を挙げたのですが、前日に「海の家」を貸し切りにして、砂浜でパーティーを開いていました。

ピンクの「フラミンゴの浮き輪」を海に浮かべて、花嫁が「白い水着」を着て、周りの子が「黒い水着」を着て、プロのカメラマンに撮ってもらって。笑

フラミンゴの浮き輪は、インスタで「#pinkflamingo」から検索して、わたしが海外の通販サイトから取り寄せたんですよ。

あと、最近は「結婚式場はインスタで見つける」という話も聞きますね。友達はインスタで「お城みたいな式場」を見つけて式を挙げてました。

※インスタの影響(?)で「結婚式の前撮り」が人気に。「ゆっくり撮影に時間が割ける」「当日と別衣装で友達と撮れる」などがウケてる様子。

他にインスタを見てから「モノを買うこと」ってあったりしますか。

この続きをみるには

この続き:1,686文字/画像5枚
記事を購入する

結婚式も「インスタ映え」花嫁が花婿の65倍も「手作り結婚式」の写真を投稿、結婚式の「専用ハッシュタグ」までつくる理由

アプリマーケティング研究所

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます!皆さまからのサポートはコンテンツの製作費として、大切に使わせていただいております。

😄✨
13

月刊アプリマーケティング

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。