ゴミ箱に落下音をつけたら「ゴミの回収量が2倍」に。つまらないことを「たのしいデザイン」にして人間の行動を変えた実験。

つまらないことを「たのしいデザイン」にしたら人の行動が変わった、フォルクスワーゲンの「ファンセオリー」というプロジェクトをメモ。

スウェーデンでの実験結果
ゴミ箱に落下音をつけた →ゴミの回収量が2倍に
歩くと音がなるピアノ階段 →階段をつかう人1.6倍に

苦痛を超える「たのしさ設計」が重要であり、逆に「処罰でコントロールしよう」とすることは長く続かない。

YouTubeでは実際の映像を見ることもできます。

参考書籍:マンガでわかる行動経済学 いつも同じ店で食事をしてしまうのは?なぜギャンブラーは自信満々なのか? 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

また見にきてくださいね!
60

#図解 記事まとめ

note内にあるよい図解記事をまとめます。 主に #図解 のついた記事を巡回して追加していきます。図が主役の記事がメインです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。