口頭説明に「絵(ビジュアル)」を加えるだけで、記憶に6.5倍も残りやすくなる。人間の脳と視覚の話。

脳のルールについて解説した「ブレイン・ルール(ジョンメディナ 著)」という本に、気になった内容があったので、簡単にメモしておきます。

人間にとって「視覚」の影響力はとても大きいぞという話。

インプットが「視覚的」であればあるほど、認識されやすくもあり、想起される可能性が高くなる。これを「絵画優位効果」と呼ぶ。

情報を「口頭」で説明してからテストすると、三日後の記憶は10%しか残らないが、「口頭+絵」で説明すると、三日後の記憶は65%も残る。

つまり「絵があるかないか」だけで、記憶に6.5倍の差がでたと。

---

たとえば、小学校の教科書の「モチモチの木」「スイミー」とかを思い出してみると、話の内容よりも作中の「絵」が思い浮かんでくる人が、圧倒的に多そうな気がする。絵本の「グリとグラ」とかなんでもいい。

「視覚でわかる」というのは、先天的にもっているスキルだけど、「文字や口頭の情報で伝える」というのは、後天的に身につけるスキル。

後者は、一度情報を「記号化」してから伝達する手段なので、情報伝達の熱伝導率のようなものが、明らかに低いのだろうなと思った。

そう考えると、秀逸な「文字/口頭の表現」というのは、(ある意味で)他人の脳内をハックして、その情景をいかにリアルに脳内に再現させるか、いかにビジュアルに変換させるか、ということに近いのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

読んでいただきありがとうございます!
27

コメント1件

口頭や文字が0と1に置き換わる未来は近いのかもしれませんね。怖い怖い(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。