「天気予報」ではなく「インスタ」をみて服装を決める。その日の気温を「自撮り写真」から推測してしまうインスタ女子大生の話。

1、インスタ検索をつかって「天気予報(街の気温)」や「紅葉の見頃」を調べてしまう女子大生の話。

スマホユーザーインタビュー。今回は大分県のチアキさん(22歳 大学生)つかっているスマホはiPhone5s。

普段「よくつかっているアプリ」をおしえてください。

インスタをよくつかっています。すきな「芸能人の写真」を見るのはもちろんですけど、インスタで「気温」をしらべたりもしています。

「インスタで気温を調べる」ってどういうことですか?

たとえば「今日どれくらい寒いんだろう?」と思ったとき、天気予報で「今日の最低気温は9℃です」って言われても、よくわからなくないですか?

そういうときには、インスタで「大分」とか「別府」って検索して、同世代の子たちの「コーデ写真」や「自撮り写真」を、見て回るんですよ。

そうすると「どんな服装で出かければいいか」が大体わかりますよね。今日は「長袖の子」が多いから、やっぱりちょっと寒いんだな、とか。

ああ、なるほど。「歩いている人の服装の写真」をみれば大体の気温がわかるじゃないか、ってことですね。

そうです、そうです。あとは「温度的にはあったかいんだけど、日差しがあまり差してないから、体感としては寒い日」とかも、あるわけじゃないですか。

だから、天気予報で気温を見るよりも、インスタで「その日のみんなの服装」を写真でみたほうが、正確にわかるんじゃないか、そう思うんですよね。

これは、とくに「海外に旅行にいくとき」には、すごく役に立ちます。私もインスタを見ていて「ソウル、こんな寒いんだ」と知りましたから。

ほかに「インスタ」で調べ物をすることはありますか?

あとは「紅葉」とか「桜」を見にいくときも同じですね。これも「◯◯ 紅葉」なんかで検索して、紅葉の写真をみるんです。

すると「まだすこし、葉っぱが青いから、あと1週間ずらして行ったほうが良さそう」とか、パッと写真を見ただけでわかります。

この続きをみるには

この続き:1,700文字/画像8枚
記事を購入する

「天気予報」ではなく「インスタ」をみて服装を決める。その日の気温を「自撮り写真」から推測してしまうインスタ女子大生の話。

アプリマーケティング研究所

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

また見にきてくださいね!
7

アプリマーケティング研究所

アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

月刊アプリマーケティング

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。