モンスト1,300億円、FGO 982億円、ポケGO 890億円。2017年のアプリ収益データとツイートまとめ。

スマホゲームやアプリの収益データ(2017年)を簡単にまとめておきます。

世界のスマホゲーム収益ランキング(2017)

世界でのスマホゲーム収益ランキング。

1位:Arena of Valor(1,900億円)
2位:Fantasy Westward Journey(1,500億円)
3位:モンスターストライク(1,300億円)
4位:クラッシュ・ロワイヤル(1,200億円)
5位:クラッシュ・オブ・クラン(1,200億円)
6位:Fate/Grand Order(982億円)
7位:リネージュ2 レボリューション(980億円)
8位:キャンディークラッシュ(910億円)
9位:ポケモンGO(890億円)
10位:Ghost Story(860億円)

参考:SuperData https://www.superdataresearch.com/market-data/market-brief-year-in-review/

国内スマホゲーム「課金売上」ランキング ほぼ2017年

日本国内のスマホゲームの課金売上ランキング。集計期間が1月1日〜10月3日なので約10ヶ月時点でのデータ。

1位:モンスト(1041億円)
2位:FGO (896億円)
3位:パズドラ(473億円)
4位:ツムツム(303億円)
5位:ドカバト(278億円)
6位:デレステ(226億円)
7位:グラブル(209億円)
8位:パワプロ(172億円)

参考:ファミ通モバイルゲーム白書2018 https://www.famitsu.com/news/201712/08147606.html

国内アプリ収益ランキング2017(ゲーム以外)

日本国内での(ゲーム以外での)アプリ収益ランキング。

1位:LINE
2位:LINEマンガ
3位:ポケコロ
4位:LINE MUSIC
5位:タップル誕生
6位:SHOWROOM
7位:LINE PLAY
8位:Pairs
9位:少年ジャンプ+
10位:ドラゴンクエストⅩ 冒険者のおでかけ超便利ツール

タップルやペアーズなどマッチングアプリよりも、LINEマンガやLINEミュージックが上にきている。SHOWROOMは「投げ銭モデル」でここまできているのが興味深い。ジャンプ+は月額課金が育ってきているのでしょうか。

参考:AppAnnie https://www.appannie.com/jp/insights/market-data/app-annie-2017-retrospective/

以下は、2017年にツイッターでつぶやいていた、アプリ系の調査データなどのツイートまとめです。

日本人の「ポケモンGO」一人当たり課金額、世界を圧倒してしまう。

トップ1%の「重課金アプリユーザー」を、年収別に分布してみると?

デジタルカードゲーム売上2016

25万人のゲーマーを分析してわかった、ゲームの男女別モチベーション

アプリストアは「勝者総取り」の世界

日本のスマホゲームは「地産地消」である

米国アプリストアで「ランキング上位」になると収益どれくらい?

3.5万人を分析、男女別「新しいゲーム」を発見する方法

グーグルが分析した「スマホゲーマー」4タイプまとめ

アプリに「月額で払える価格感」ってどれくらい?

スマホゲームの「1課金ユーザーあたり年間課金額」

2016年にリリースの「スマホゲーム収益ランキング」

世界で流行「ハンドスピナー」アプリ、1日平均570万円を稼ぐものも

本記事は、noteで配信している「月刊アプリマーケティング」で解説したトピックスを中心に、ピックアップしてお送りいたしました。アプリ市場のデータやトレンドなど追いかけたい方は、宜しければこちらもチェックしてみてください。

月刊アプリマーケティング
https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます!皆さまからのサポートはコンテンツの製作費として、大切に使わせていただいております。

😄✨
114

#グロース 記事まとめ

noteのおすすめグロース記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。