チラシの時代は「値段」で服を買っていたが、インスタの時代になって「人やコーデ」を起点に買うようになった。20代女性が語った「ユニクロの服」買い方の変化。

2名のスマホユーザーにインタビューしました。

目次
1、インスタとチラシで「ユニクロの服」の買い方が変わった話
2、インスタでは「こんな着こなしが」か「わたしもやりたい」から入る
3、「脱毛クリニック」のインスタ広告をみて、申し込んでしまった話
4、子供服ブランドの「セール情報」をインスタで知る方法
5、「お食い初め」のやり方を、グーグルじゃなくインスタで調べた理由

一人目は北海道のユウコさん(25歳 社会人)

よくつかっているアプリを教えてください。

インスタグラムをつかっています。よく、ユニクロとかGUで「どの服を買おうか」というのを、インスタをみながら決めたりします。

たとえば、ハッシュタグの「#ユニクロ」「#GU」で検索をかけてから、おしゃれな女の子たちの「コーディネート写真」を見て回るんですよ。

それで「この着こなしかわいいな」と思ったら、そのアイテムが「どの商品なのか」をチェックしてから、それをお店に買いに行くという感じです。

インスタのコメントに、「トップスはユニクロの◯◯で…」みたいに、商品名をかいている人もいるので、意外と商品名もわかったりします。

まず「こういう風に着たい」というのを決めてから、お店に商品を買いに行くってことですね。

そうです。インスタでは「こういう着こなしするのか」から入るか、フォローしてる子の写真をみて「これわたしもやりたい」から入るかですかね。

正直、いままでユニクロとかGUの服って、そこまで買わなかったんですけど。インスタをみるようになってから、よく買うようになりました。

いままでは、ユニクロで服を買いに行くとしても、チラシをみて「これ安いじゃん」みたいに、値段が理由になることが多かった。笑

インスタをはじめてから「洋服の買い方」はわりと変わったなと思います。

なるほど。インスタで「フォローしてる子」の写真をみて、何か欲しくなることはありますか?

この続きをみるには

この続き:1,552文字/画像4枚
記事を購入する

チラシの時代は「値段」で服を買っていたが、インスタの時代になって「人やコーデ」を起点に買うようになった。20代女性が語った「ユニクロの服」買い方の変化。

アプリマーケティング研究所

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

嬉しいですありがとうございます!
13

月刊アプリマーケティング

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。