女子高生が語る「LINEからインスタDM」に会話の途中で移動する理由。用途における「メッセージアプリの分散化」と受験期にスナチャがつかわれる話。

スマホのメッセージアプリを用途でつかい分ける、スマホユーザーのO.Kさん18歳(神奈川の高校生 ※春から大学生)にインタビューしました。

目次:
・雑談するのに「LINEをつかわなくなってきた」
・インスタのDMは「行きたい場所」を決めるときに便利
・受験シーズンに「スナップチャット」がつかわれる理由
・女子高生が悩まされる「個人情報のスクショ問題」
・インスタが破壊した「メッセージするための理由」
・ストーリーが「リアルタイム×動画」で拡散される話

普段メッセージアプリって何をつかっていますか?

前までは、LINEばっかりだったけど、最近は雑談するのにLINEをつかわなくなってきて、スナチャとインスタのDMをつかうことが増えました。

LINEは予定を決めたり(日程投票の機能)とか、卒業式の写真を共有したり(アルバム機能)とか、大事なことをやり取りする場所になってます。

感覚的には、前までは「LINE 90%とその他」だったのが、最近は「LINE 45%、インスタDM 35%、スナチャ 20%」みたいになっています。

インスタのDMは「どういうとき」につかうんですか?

インスタのDMは、カフェとかレストランとか「行く場所」を決めるのに、つかいやすいんですよ。

まず、LINEで遊ぶ日程を決めたら、次に「どこに行こうか?」ってなりますよね。そしたらインスタで「#渋谷 カフェ」とか調べるじゃないですか。

それで、行きたいお店があったら、そのままインスタのDMで送るんです。だから、LINEでしゃべってる途中で、インスタに移動することもあって。

途中で「インスタに行くね」っていって、インスタで続きを話すんです。お店を決めるタイミングとかで。

「LINEでいいじゃん」とも思うんですけど、どうしてインスタDMに移るんですか?

インスタのDMで「お店の位置情報」を送ると、勝手に6つくらい「よく見られている写真」が出てくるからです。これがすごい便利なんですよね。

DMに写真がついてると「これおいしそう」「これ撮りたい」って盛り上がれるし、タップすると投稿もみられて感想もわかりますし。

あとは、地図もみられるから「駅から近そう」とかもわかるし。とにかく、行きたい場所をDMで送るだけで「こんな感じ」ってわかるのが便利ですね。

わざわざ食べログとかのURLをコピーして、LINEで送るのはめんどくさいなって感じます。

スナップチャットもつかうんですか?

最近、まわりでスナチャつかわれていて。わたしも1日1回くらいつかってます。くだらない近況とか雑談を仲の良い子に動画で送っていますね。

なんか、これ受験シーズンにみんな使い始めたんですよ。受験前ってみんなインスタとかLINEを辞めるじゃないですか。いまSNSやっていませんみたいな。

でも、早めに受験に受かった子とかもいますよね。そういう子がインスタとかバンバンあげてると「何してんだこいつ?」って思われるわけです。笑

まだ受験中の子もいるのに。学校で会ったときとかにも気まずい。だから、周りがスナチャを使い始めたのかなって、ちょっと思いました。

※ただ、AppStoreのランキングを見ている限りは、スナップチャットが大きく伸びている、ということではないように思います。

この続きをみるには

この続き:1,794文字/画像6枚
記事を購入する

女子高生が語る「LINEからインスタDM」に会話の途中で移動する理由。用途における「メッセージアプリの分散化」と受験期にスナチャがつかわれる話。

アプリマーケティング研究所

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ツイッターでもマーケティング情報を発信しています☺︎ ☞ https://twitter.com/appmarkelabo アプリやWEBマーケティングが学べるマガジンも更新中です ☞ https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

また見にきてくださいね!
86

月刊アプリマーケティング

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。