映画感想

60
ノート

孤独と極寒で満身創痍な『残された者-北の極地-』

2019年公開映画185本中114位。

北極に取り残された男の映画。
観終わった後、無性にダウンジャケットが欲しくなります。

最初、てっきり、マット・デイモンかと思ったwww
彼は『インターステラー』でも『オデッセイ』でも、
取り残されてしまう役柄だったので、
僕の中では、若干取り残され屋さん感あるwww

でも、今回はマッツ・ミケルセンです。
彼の命がけの名演技は圧巻でした。

今回、あんま

もっとみる

孤独が生み出すドサイコパス映画『グレタ GRETA』

2019年公開映画184本中52位。

予告を観てから期待してたんだけど、
これは想像以上のサイコパス映画でした。

もはや半分ホラーなんだけど、設定も秀逸だし、
ホラー嫌いの自分でもほどよい恐怖を味わえて面白かったです。

ある日、地下鉄でバッグの忘れ物に気づいた
フランシス(クロエ・グレース・モレッツ)が、
その中に入っているIDカードを頼りに持ち主である
グレタ(イザベル・ユペール)に届ける

もっとみる

ターミネーター好きなら間違いなく今すぐ観た方がいい『ターミネーター:ニュー・フェイト』

2019年公開映画183本中7位。

ああ、、、帰ってきた。。。
「森から戦士たちが帰ってきたぞー!」
って乙事主様が叫んじゃうぐらいには、
久しぶりにターミネーターしてました。

『ターミネーター』、『ターミネーター2』に続く
正当な続編としてふさわしい内容。
(それだけに「もっと早く作っていれば、、、」
 という想いは否定できない。。。)

そりゃね、僕は『T2』が生涯観た映画の中で
1番か2

もっとみる

すべてのビジネスマンに観て欲しい『天才たちの頭の中 ~世界を面白くする107のヒント~』

2019年公開映画182本中71位。

これはすべてのビジネスマンが観て損はないんだろうなって思います。
あらゆる分野の第一線で活躍している人たちに対して
「なぜあなたはクリエイティブなのですか?」とインタビューした映画。
なんか、ダイヤモンドとか東洋経済とかでありそうな感じだけど(笑)

25年近くかけて撮ったビデオで、
実に100人以上の映画監督、役者、政治家、写真家、
芸術家、作家、科学者、

もっとみる

タイトルと中身のギャップが激しい『ブラック校則』

2019年公開映画181本中178位。

んー、かなり面白くない(笑)
けっこうタイトルと中身の差が激しいなと思った。
まあ、『ブラック校則』ってだけじゃ何なのかが、
そもそもわかりづらいってのもあるけど、
予告も何も見ずにいたから、
なんとなく暗い話なのかなって思ってた。

そしたら、キラキラ青春に、ラップに、未成年の主張に、
と、だいぶお腹いっぱいの映画だったんだよね。

話としては、ブラック

もっとみる

家族について考えさせられるとても有意義な映画『最初の晩餐』

2019年公開映画180本中51位。

これはいい映画でした。
父親の死をきっかけに家族が集まり、
料理を主軸に故人との思い出に更ける、
家族について改めて考えさせられる作品です。

予告編のときはそこまで面白くないかなって思ってたんだけど、
予想以上に惹き込まれる内容で、これはぜひ観て欲しい。

シナリオの教科書のような題材と人間模様がよくて、
まるで雲ひとつない晴れた朝に温かい味噌汁を飲んで、

もっとみる

あの鶴瓶さんがシリアス過ぎるのが印象的な『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

2019年公開映画179本中102位。

重いです。。。とても。。。
精神病院を舞台にした映画だけど、これは重い。

死刑執行に失敗し、そのときの影響で脊髄を痛め、
車いす生活を余儀なくされている笑福亭鶴瓶と、
幻聴が聞こえて発作が起きてしまう綾野剛と、
母親の再婚相手にレイプされ身ごもってしまった小松菜奈の、、、
いや、もうこの時点でだいぶ重いけど、、、
交流を描いた映画。

精神病院という通常

もっとみる

小説を読んでいるような感覚の映画『マチネの終わりに』

2019年公開映画178本中51位。

まったく期待していなかったんだけど、
案外よかったです、この映画。

まあ、中年のラブストーリーといえばそれまでなんだけど。
中年つってもね、福山雅治と石田ゆり子だからね。
卍解に卍解を重ねて、
華やかさと煌びやかさが界王拳レベルの人たちだから、
年齢という概念が皆無なんだけど(笑)

お話としては非常にオーソドックス。
ギタリストの福山雅治が、たまたま共通

もっとみる

超ウルトラハチャメチャ鳥映画『ロボット2.0』

2019年公開映画177本中39位。

インドの本気を目の当たりにすることになる映画です。

2010年に公開された『ロボット』の続編でね、
いろいろヤバイっす。。。

まず、製作費。
まさかの90億円ですよ。
あの『バーフバリ』が持っていた記録を打ち破って
現在インド映画最高額ですwww
もうこの時点で様子がおかしいwww

さらに、製作陣の豪華さも無視できない。
『アイアンマン』、『インタース

もっとみる

クローンの扱いが新鮮だった『ジェミニマン』

2019年公開映画176本中139位。

想定通りでした。
アクションが派手なだけで、そんな面白くないっていう(笑)

ウィル・スミスが自分のクローンと戦い、
彼を導いていくっていう映画なんだけど、
ツッコミたくなるところが多くて(笑)

前にね、小池一夫さんがおっしゃっていたことで、
「本当に面白かったらツッコミどころがあっても気にならない」
ってのがあるんだけど、今回、そうじゃなかったというこ

もっとみる