もっと心の闇をえぐって欲しかった『ギャングース』

MIYAVIが朽木白哉のときよりも強かったんじゃないかって映画。

犯罪集団ばかりを狙って窃盗を繰り返す
高杉真宙、加藤諒、渡辺大知3人の話で、
バイオレンスメインのけっこうグチャミソした内容。

表の世界にも行けず、裏の世界にも行けず、
中途半端なポジションにいながらも、
そこから抜け出そうともがく姿は、どの領域にも通じそうで、
共感できる人は少なくないだろうなと思った。

監督が『ビジランテ』と同じ入江悠だったから、
もっと心の闇をえぐるような映画かと思ったけど、
正直、そこまでではなかったかな。
高杉真宙がいつも爽やかな役柄なので、
そこで薄まった感じは否めない。

あとはお笑いっぽいポジションの加藤諒が
けっこうシリアスな役だったのに加えて、
ローレンス・フィッシュバーンに見える風貌が新鮮(笑)

金子ノブアキの「裏社会の人」感はマジで安定。
映画出ると大体あんな役やってる気がするけど。
でもかっこいいから、生まれ変わったら金子ノブアキになりたい。

そして何と言っても一番びっくりなのはMIYAVIである。
前髪上げてる印象しかないから、
前髪下ろした姿に途中まで彼と気づかず。
「様子のおかしいあんちゃん」にしか見えなかった。

テンポもいいし、普通に面白いとは思ったけど、
もう少し人の闇感欲しかったというのが正直な感想です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

maro4716

映画感想

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。