『昼顔』コンビ再びの『去年の冬、きみと別れ』

"予測不能サスペンス"とうたわれているこの映画。
逆に予測可能だったらダメだろとは思うけど(笑)

全体的には、「まあ面白かった」という感じで、
いわゆる復讐劇という点で見れば、割と王道な展開だったと思う。
事件の真相を追っていくうちに、ひとつひとつ真実が明るみに出て、
最終的には、、、っていう感じだけれど、
もちろん予想はできなかったけれど、衝撃感も特にない(笑)
まあそうなるよねっていう。

ジャンルがジャンルなだけにネタバレしないよう、
これ以上深くは書きません(笑)

ただ、斎藤工が今回、とち狂ってるカメラマン役だったのだけれど、
彼は過去には不倫クソ野郎だったり、今ではボディガードも努め、
サンシャイン斎藤もやりつつ、映画監督もこなしているので、
本当に芸の幅が広い役者さんだなと思う。
そのマルチっぷりはうらやましくもある。

岩田剛典はさわやかイケメンのイメージが強いので、
今回の映画のようにダークな雰囲気だとちょっと違和感があるかな~。
それは『不能犯』の松坂桃季にも同じことが言えるけど。
イケメンだと狂気の沙汰という役がちょっと似合わない。
イケメン=リア充という公式が頭の中で成り立ってしまうため、
おまえらそんな狂ったことしないだろって思ってしまう(笑)
なので、あえてそこはイケメンじゃない人の方が、リアルさが増すと思う。

とはいえ、中2感を伴う狂気の沙汰、例えば、
「この漆黒の闇が、、、」「我、汝と契約を結びし、、、」
みたいな感じだとイケメンの方がしっくり来るってのはあるけど(笑)

てか、今回斎藤工と北村一輝がいっしょに出ていたので、
そこだけ切り取るとまさに『昼顔』を思い出させた(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

maro4716

映画感想

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。