懐かしさと面白さのダブルパンチ『劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズ』

2019年公開映画20本中1位!

昨日の『アクアマン』を超えてしまいました。
いや、でもこれちょっとずるいよ。
だって思い出補正入っちゃうもん(笑)

でもよかった。すごくよかった!!
いい意味で昔のアニメのノリを大切にしていて。
毎週のように通っている新宿の街を舞台にドンパチやりながら、
もっこりちゃんありーの、香のハンマーありーの、
海坊主のお茶目さありーので、
懐かしさと面白さの両方を味わえた!!

まあ新宿の街であんな銃ぶっ放したら、
死者多数出るだろってぐらい激しい戦闘だったから、
もはややってることはハリウッド映画まんまだなと思う。
(向こうは余裕で実写でやってくるだろうけど)

キャッツ❤アイ出てきたのよかったー!
アニメで見るの何十年ぶりぐらいかも。
あの3人の誰が好きかで、その人の好みがわかると思うけど、
僕は断然瞳派です。
もう幼稚園生の頃から変わりません。

今回は『シティハンター』の登場人物も
『キャッツ❤アイ』の登場人物も、
ほぼ全員が昔のアニメのまんまの声優なのもよかった。
唯一、泪役だけ、収録直前に藤田淑子さんが亡くなってしまい、
瞳役の戸田恵子さんが代役を申し出たそうな。

冴羽獠が片手でショットガンのリロードするシーンがあるのだけど、
『ターミネーター2』のアーノルド・シュワルツェネッガーと
まっっったく同じ仕草で、あの映画が生涯で一番好きな身としては、
それがとてつもなく興奮したのだけど、
そのシュワちゃんの日本語版吹き替えをやっているのが、
海坊主役の玄田哲章さんという繋がりもあって、なんか運命感じた。

飯豊まりえの声もよかった。
声優以外の人がやると、ちょっと違和感あったりするんだけど、
今回は自然に感じたし、アニメになじんでいたと思う。

でもね、今回一番うれしかったのは、
主題歌に『GET WILD』使ったことだね。
ラストの演出が神ってぐらいかっこいいんだけど、
そこからあの前奏が入ってくるのが、もうマジでたまんねぇよ、おい。
それだけで目頭熱くなる、、、!
やっぱり主題歌は昔のままの方がテンションアガるよな。
『ドラゴンボール』とか全然違うのになっちゃって、
個人的には、ちょっと残念だったから。。。

もともと『シティハンター』は世代的にちょっと上で、
漫画は読んだことがなく、
アニメを小さい頃に少し見ていたぐらいなんだけど、
それでも当時から面白いと思っていたし、
北条司先生の絵、好きなんだよね。
あのきれいな感じ。

完全に思い出補正も入りまくりだとは思うけど、
これは見るべき映画!!

もっこり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

maro4716

映画感想

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。