シーンのつながりが支離滅裂な『劇場版パタリロ!』

2019年公開映画101本中98位。

軽い気持ちで見に行くと後悔します(笑)
それぐらい、もう何が起こっているのかよくわからない映画です。

父が亡くなり、主人公パタリロが新しい王となるべく戴冠式を向かえる
という大まかなストーリーはわかるものの、
シーンのつながりがひどい(笑)

イギリスにいたのに、気づいたら埼玉にいるし。
突然、謎な歌を唄い出すし。
CGはプレステ2並みのクオリティだし。
もはや、目の前で何が行われているのかさっぱり。。。

しかも、BLなんですわ、これ。。。
男同士でチュッチュペロペロしすぎ。
女性同士でもそうなんだけど、
同性愛モノがわからない身としては、
ちょっともう何がなんだか。。。(笑)

予告を見て、同じ作者だし、
『翔んで埼玉』のようなものかなと思ったけど、
もっと斜め上をいってたね。。。

ただ、舞台役者さんが多いので、
歌はみんなうまいし、セリフも力強かった。
だから、普段一方向な舞台のカメラワークをいろいろ変えて、
無理矢理映画化したような感じでした。

唯一、タマネギ部隊のくだりはウケたけど、、、
それでも原作ファンか、それぞれの舞台役者さんのファンじゃないと、
ちょっとキツイかもなあ。。。

もはや、「考えるより感じろ」という声が聞こえてくる気がします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

maro4716

映画感想

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。