TaskChuteから一時的にタスクを避難するタスク一時保管庫

タスクテンプレート武器庫に続いて坂根さんがブログで紹介していた方法を便利にするツールつくってみました。

[TaskChute]タスク一時避難場所、タスクテンプレート保管庫を用意すると便利ですよ、って話



こちらのツールは、先送りが重なってきたタスクや当面リピートタスクから外したくなったタスクなどをタスク一時保管庫に避難し元のTaskChuteからは削除します。 TaskChuteにタスクを戻したくなったらボタン一つで選択したタスクを戻すこともできます。

また逆にTaskChute2から選択したタスクをボタン一つで避難することもできます。


【設定方法】
0.設定ファイルに連携したいTaskChute2のファイル名を入力しておきます。
(TaskChute2のみ正常に動作します。TaskChute1には対応してません。)

【保管庫からTaskChuteへタスクを移動】
1.TaskChuteのメインシートでタスクを追加したい行を選択します。行全体ではなくセルを選択しても大丈夫です。

2.アップロードアイコンをクリックすると選択したタスクがTaskChuteに移動します。

【TaskChuteからタスクを一時避難】
1.TaskChuteのメインシートで移動したいタスクを選択します。行全体ではなくセルを選択しても大丈夫です。複数選択する時は飛び飛びになっていても構いません。

2.タスク一時保管庫に戻り左側にあるダウンロードアイコンをクリックすると先ほど選択したタスクがテンプレートファイルに移動します。

【動作環境】
Excel2003(32bit)+Windows7(32bit)にて動作確認済みです。申し訳ありませんが、それ以外の環境での動作は保証いたしておりません。


ツールはこちらから

この続きをみるには

この続き:133文字

TaskChuteから一時的にタスクを避難するタスク一時保管庫

マロ。

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マロ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。