TaskChuteとNozbeの同期連携ツール

TaskChuteはルーチンタスクの管理やタスクの実行ツールなど、タスク(具体的に実行する)層の管理ツールとして大変優れています。

一方で、タスク層の一つ上のプロジェクトの見通しをする場合には、フィルターを使ってログとこれからのタスクの順番などを見るなどはできますが、やはり複数のプロジェクトを見渡すのは多少不得意な面があります。

そのためTaskChuteを使われている方のなかにはプロジェクトやタスクを管理するのにGTDの考え方やWebアプリを使われている方もいることでしょう。

今回はその中でGTD準拠のWebアプリであるNozbeとTaskChuteの連携ツールを紹介します。これはNozbeでNextActionとしたタスクをボタン一つでTaskChuteに転記するものです。また、Nozbeから転記したタスクを終了した際には同期することでNozbe側のタスクに完了のチェックを入れることができます。

『NozbeでNextActionを決めてTaskChuteでタスクを実行する。』

という流れを橋渡しするツールということになります。

詳しい設定の仕方などはダウンロードしたファイルに梱包されておりますので参照ください。

【Windowsでのみ動作いたします。Excel for mac では動作いたしませんのでご注意ください。また、Excel 32bitでの動作は確認しておりますが、64bitでの動作は確認できておりませんのでご注意ください】

注1)本ツールはExcelアドインでの提供です。アドインの登録方法は各自の環境に合わせてご使用下さい。

注2)TaskChuteの一部の列を使用します。カスタマイズされている方はご注意ください。また、動作テストはしておりますがご使用前にはTaskChuteのバックアップを取るなど自己責任の範囲でお使いください。

注3)TaskChuteやNozbeの仕様変更などにより突然使えなくなることがあります(2015/06/10現時点での動作確認済)。
低価格での提供のツールのため仕様変更による対応は保証できかねますのでご理解ください。
Nozbe APIのアクセス先がhttps://webapp.nozbe.com/api/から変更になった場合には動作しませんので購入前にご確認ください。

2014/09/27 Nozbe連携に使う列を指定できるように変更しました。

この続きをみるには

この続き:178文字

TaskChuteとNozbeの同期連携ツール

マロ。

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マロ。

コメント4件

活用させていだいてます。taskchuteのバージョンが上がり、T列が評価欄としてデフォルトで使用されるようになったようです。

他の列に変更いただくことはできませんでしょうか。
TaskChute上で該当タスクに終了時刻を入力後、同期すればNozbe上でタスク終了のチェックが入るという仕様だと思うのですが、終了のチェックが入らないようです。
NextActionをTaskChuteへの転記はうまくいっています。
ちなみにExcel2000にてTaskChuteを使用しています。
Nozbe連携の列指定が出来るようになりました。ありがとうございます。
TaskChuteのバージョンによって仕様が変更されたのかどうか分かりませんが、うまくチェックが入らないことがあるようです。こうすればよいというような方法が見つかればいいのですが、TaskChuteの詳細な仕様は分からないので推測して作っており、このような状況です。
何か方法が見つかったらこちらでお知らせいたしますね。
お手数をお掛けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。