次世代を幸せに生きるためのnote

3
ノート

誰も教えてくれないビジネス的「女性誌」の読み方

『女性誌は、最高のマーケティングの教科書だ』

中学時代から毎月10冊近く女性誌を読み続け、主宰コミュニティ『消費文化総研』では毎月雑誌を深める会を開催しながら、最近改めてその確信を深めている。

特にVERYはいつ読んでもまなびの多い雑誌で、あまりに好きすぎて以前VERYの読書会も開催した(ちなみにこれがきっかけでコミュニティの定例会として雑誌の読書会をやりはじめた)。

女性誌の何がそんなに面

もっとみる
ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!!
386

令和で変われるか!?不動産業界の古い慣習ベスト5

いまは令和元年。
平成どころか昭和から変わっていないといわれるのが不動産業界だ。

今日はそんな業界の衝撃の事実を告白する。
よけいなことを言ったばかりに、明日僕は東京湾に沈められているかもしれない(笑)

ごく普通の人は不動産売買ってそんなに多く繰り返すものではない。
不動産業者と蜜に接する機会も多くないから実は知られていないことが多い。

生きた化石となりそうな、でもどこか愛すべき事例をご紹介

もっとみる

35歳の誕生日を男に忘れられたので1人で銀座に寿司を食べに行った話

情けない話である。

別に35歳で結婚してないということや、好きな男に誕生日を忘れられたということが情けないんじゃない。

35歳にもなって男に誕生日を忘れられたことが悲しくて悔しくて意外とダメージをくらっちゃってる自分の幼きメンタルが情けないのである。

だって去年はあんなに楽しく祝ってくれたやん?日付が変わる30分前にプレゼント持って駆けつけてくれたやん?なんならつい最近あなたの誕生日を一緒に

もっとみる