脳死でLinuxにpython環境構築〜ubuntu

仮想環境ubuntuでpythonの勉強環境を整えたい!脳死でコピペしていくだけである程度の初期設定を完成させるためにまとめました。

1 anacondaの設定

anacondaのインストールによってpythonの環境を一気に構築してしまいます。下記のURLよりインストーラーをダウンロードします。(こだわりがなければ最新versionで)

次に端末からインストールしていく。
まずダウンロードしたファイルを実行!

〜$ bash 〜/ダウンロード/ファイル名

ubuntuではダウンロードフォルダが日本語だった。パスが通らず苦戦したらlsやpwdコマンドを使うとだいたい解決するはず!

基本操作はenter&yesで以下のように進めていく。

enter

yes

moreはshiftで読み飛ばし。

省略(今回はyes,enterとも1回)

完了!

2 vscodeのインストール

エディタとデバッグツールとしてvscodeはなんでも出来て便利なので必須。anacondaにも勧められた。

*マイクロソフトのリポジトリを登録

<準備>

sudo apt install curl
#curlをインストール

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg
#マイクロソフトのキーを用意

<リポジトリの登録>
sudo install -o root -g root -m 644 microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/vscode stable main" > /etc/apt/sources.list.d/vscode .list'

<インストール>
sudo apt install apt-transport-https
# apt-transport-httpsのインストール

sudo apt update
#リポジトリ情報の更新

<vscode のインストール>
sudo apt install code

以上で終了。起動はcode

code
#起動
code --version
#version確認

他にも何個かやり方があった。

参加記事
https://qiita.com/yoshiyasu1111/items/e21a77ed68b52cb5f7c8

3 Google Chromeの設定

pythonで機械学習を勉強するのにcolabratryはとても重宝する。またドライブを利用したデータ管理も便利。そのためGoogle Chromeもインストールしておく。

下記URLは Chromeのダウンロードページ
https://www.google.com/chrome/?hl=ja

64ビットを選択しインストール。

ソフトウェアインストールになっていくことを確認し、OK

インストールし、パスワードを入力すると完了。

アプリケーション内に Chromeが登録される。

参加記事
https://www.google.co.jp/amp/s/linuxfan.info/google-chrome-on-ubuntu/amp

4 終わりに

Linux環境はいざという時のために慣れておきたい環境。pythonに限らず、学習環境としてLinux環境で勉強することはとても有意義だろうと感じた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

maruto

大学生の生態を書く。データ分析/機械学習/C言語/python/マラソン/リフティング/学生生活etc
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。