人生は制限があるミニゲームだと思う

「自陣ではフリータッチ、敵陣では2タッチ以内でプレー、トップの選手に当ててからじゃないとシュート禁止」
そういう制限の練習が、実は好きだ。

好きだということと同時に、実はオフザピッチで大切にしていることに繋がってくる。

今日、とある動画メディアの取材を受けながら、自分が常に意識していることを、久しぶりに言葉にしたなと思った。



置かれた状況は、ゲームの設定でしかない。

金持ちなことも才能だし、貧乏であることも才能だ。

それぞれに長所があるし、それぞれの状況でないと体験できないことは無数にある。
ただ、金の有る無しで言えば、当然振られていくステータスに差は出るから、無い物ねだりをすると、隣の芝は青いっすよねって話になっちゃうんだけど、実は等しく成長の機会は与えられている。


だから、貧乏だろうが金持ちだろうが、案外本気でやればゴールに差は生まれない。多分それは色々なサッカー選手が証明しているから、今さら語る話ではないだろうけど、ひとつだけ例を出してみると、

ファヴェーラ(スラム街)出身のアドリアーノも、
都会で不自由なく育てられたカカーも、
ブラジル代表の歴史では同じぐらいのスーパースターだ。


アドリアーノは足りないものを追い求めて、カカーは持っているものを十分に活かして成功した。
と同時に、アドリアーノは持っている武器を全部使っただろうし、カカーは自分の理想像を常に追いかけていたに違いない。

どちらも満たされていたし、どちらも不十分だった。
共通してるのは、きっと置かれた状況で、全力で頑張ったのだろう…と想像できること。

今、天から与えられた環境は、人生というゲームの設定でしかなくて、そのゲームは必ず全クリできるはずなのだ。




日本人はハングリーにはなれない

「ただでさえ実力のない自分が、ブラジル人みたいなハングリー精神を持ててないのに、どうやってプロになれるっていうんだ」

高校生の頃、こんなことで悩んでた時があった。

今なら笑い話だけど、自分に才能がないことは明白で、才能がない割に貪欲でもない毎日に、自己嫌悪する日々。

なんとなくブラジルに行きたいなとは思ってたけど、今のまま行けば現地のヤツの熱量に圧倒される気がして、隅っこで小さくなってしまう自分が脳裏に浮かぶ。


そんなとき、恩師から言われた一言は、頭のモヤをすべて消し去った。


「俺たち日本人は、どうやったってアイツらみたいに貧乏になれないんだから、逆にガンガン金使って上手くなるしかないだろ」


そうだなと思った。

ブラジル人が何キロも歩いてトレーニングに通うからって、俺がそうする必要はまったくなくて、バイクでも車でも何でも使って、サッカー以外のストレスを減らす努力をすればいい。

ボロボロのボールをずっと使うことがストイックではなく、練習にたくさんボールが必要なら、お小遣いで何球でもボールを買えばいいと思った。


逆に、日本人の中では貧しい部類に入る瞬間もある。
家族のサポート、親の仕事、母親の余裕、与えられた物、住んでいる場所…
自分より恵まれた選手も、吐いて捨てるほどいた。

だけど、親から毎月何万円も渡される選手を羨む必要がなく、バイトしながらサッカーしなきゃいけない毎日なら、それはそれで全力でやることが必要だと思っていた。




そう思うことはポジティブなのか?

マズイ飯しか出てこないスリランカでは、大量のふりかけで飯を喉に流し込んだ。

リトアニア時代は貧乏すぎて、塩パスタしか食えなかった時期があったけど、プロテインを摂取するために頭を使った。
考えて調べて動いて試した結果、一番安く蛋白質を摂れるのは、1ユーロで売ってるひまわりの種だった。

俺はハム太郎のごとくひまわりの種をかじり続けた。


怪我したときは、怪我した時なりにできるプレーを考えたし、競る相手が190cmなら、ボールに触ることより、相手のバランスを崩すことを考える。

俺の方が脚が速いなら、その日はスピードスターみたくプレーするし、サブに回れば声をたくさん出した。


そういう自分を見て、
「ポジティブだね」って声をかけてくる人がいる。

悪い気持ちはしないけど、そうなのかな?と疑問に思う毎日。

置かれた状況の中でしか行動はできないわけで、ポジティブかどうかは関係がない。

マサラタウンでオーキド博士に
「ほら!3匹から好きなのを選べ!」
と言われれば、ゼニガメかヒトカゲかフシギダネしか選択肢はないわけで、色々考えてヒトカゲを選んだ自分に

「丸山くんはポジティブだよね」
と声をかけてるのと同じですよ?って感じ。それ以外に特にできることはない。




ってのは仕事や社会でも一緒なのではないだろうか。

トレーニングメニューで2タッチしかできない制限を設けられた時、

「なんだよドリブルできねえのかよ、早くフリータッチにならないかな」

みたいなことを言う人がいる。
し、気分によっては俺も言う時はある。(ここ大事)


ただ、それは気持ちの良いことなのだろうか。


置かれた状況の中で全力でやる人は信用できるし、加えてどの状況でもパフォーマンスを発揮することが可能なら、きっとその人は純粋に能力が高いと思う。
パフォーマンスが発揮できていなくても、近い将来に力を発揮できるようになる可能性があるのは、愚痴や文句をつぶやく方ではなく、全力で取り組んでる方だ。


これは仕事でも一緒だと思う。

予算がない、人が足りない、スキルがない、経験がない。
仕事をしてて、無いものは無数にあるし、加えて自信がないとかやる気がないとか、そういうパーソナルな部分も掛け合わさって、ないものリストはどんどん増えていく。

その上、
「こうじゃなきゃいけない」という理想論を押し付けられたり、
「○○しか可能性はない」と解決法を一つに絞られたり、
「これじゃ絶対に無理」とやりもしないのに結論を急がれることばかりで、少なくとも9割以上のサラリーマンは苦しい顔をするか、諦めている顔をするか、その2つのパターンに収まっていると思う。(※俺調べ)


でも思い出してほしい。


置かれた状況は、ゲームの設定でしか無いのだ。

言い換えると、
持っているリソースで、そのゲームは十分にクリアできる可能性がある。


間違っちゃいけないのは、手持ちのリソースで何でもすぐにできる・・・ということではない。
ヒトカゲだけで四天王は倒せないので、ピカチュウとかギャラドスとかカビゴンとかラプラスとか、色んな仲間を増やすことも必要だし、その道中で様々な壁(ジムとかトンネルとかロケット団とか)を乗り越える必要はある。

でも、それは、すべてヒトカゲ一匹から始めても達成できることだし、要は今のリソースをフル活用していった先にクリアは有るということだ。


もちろん難しいことはある。
ポケモンに締め切りみたいな時間制限はないし、四天王の比じゃないぐらいの難敵は実社会にたくさん存在する。


だとしても法律も変わるし、物の価値も変わるし、人も変わるし、何より自分も変わるわけで、別にどうとでもなる。

もっともっともっと言うと、どうとでもなる世の中なのにも関わらず、どうにもなってない現状があるのなら、問うべき責任の所在はきっと、大概の場合自分にある。


できる方法を考えよう。

俺は、自分がポジティブだとは全く思わないけど、ポジティブに物事を進めようとする考え方はあるのかもしれない。

でもそれは、本当にそれを達成したいからこそ湧き出る欲求・・・により自分が動かされるときもあるし、頭を抱えてため息を付きながら選択するときもある。

共通してるのは、とりあえず今の手持ち以外に何もない事だし、無い手持ちを作りにいくことも選択肢には有るということだ。


あれはダメ、それは無理、君にはちょっと。

そう言われることも俺からすれば設定のうちなんだけど、とはいえ心は少々疲れる。なんだかゲッソリしそうな毎日だ。そして俺以上に、世の中の人達は無理と言われることに弱くて、弱いくせに無理という。負の連鎖だ。


なんで今、この時期にこのnoteを書いてるのかよくわからないけど、多分ストレスの捌け口みたいな役割なんだろう。
酒飲んで暴れるよりは建設的な気はするけど。


だけど、ストレス溜まりながらも感じるのは、スポーツとマンガの掛け合わせはちょっと面白いなってこと。
少なくとも、会社を始めてから今日まで、自分の中ではできない理由が浮かぶことは少ない。

これを生業にしようとしてる俺は、結構センスが良いのかもしれないな。


おしまい。みんなもうちょいゲーム楽しも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は、未来に残るエンタメを研究する個人的研究費に当てられます。新しいスタイルのマンガや、サッカーをイノベーションしていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします

俺もスキ!
127

丸山 龍也

丸山大社長の憂鬱。

株式会社ワンディエゴ丸出版社の代表取締役丸山龍也氏(つまり俺)の日々をnoteにしこためていきます。そのうち有料にして、そのうち月額4980円ぐらいのコンテンツにならんものかと思ってるけどそれは遠い未来のこと。
4つのマガジンに含まれています

コメント1件

社会階層は革命でも無い限りどうしても硬直化していく 政治家になるのは政治家の子 社長の子が社長 医者の子が医者 底辺の人間の不満が溜まっていくと生産効率が落ちる だから権力はスポーツを絶賛し国民に奨励し鑑賞させる 社会もスポーツと同じで実力がすべてだと特に下層階級には誤解させておきたいから
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。