ハゲた22歳女が直面した世界はこんな感じだ

前提だが、10月何よりも愛おしかった彼氏に振られて

11月、鏡を見たらハゲていた。円形脱毛症だ。チャットモンチーの風吹けば恋ならぬ、
風吹けばハゲである。

わたしの心を奪い去ったあの人はわたしの髪まで奪い去ってしまった。。。!笑
失恋でハゲるなんて私の身体は正直だナ...デュフフwww
と、おちゃらけることで精神を保っていた。

12月、黒人の彼氏(?)にナンデハゲテルノ?と囁かれイッツアストレス!とカタコトの英語で返した。

冬は風の如く去り、

3月の現在、

ハゲの私は女の子市場からはみ出してしまったことを知った。今日のことである。

体入ドットコムというサイトはご存知だろうか。

キャバクラの体験入店求人を集めたサイトのことである。

金欠の女子の半分くらいは一度はGoogle検索したことがあるのではないか。

自分の財布事情をネット上に書くのは大変嫌いだが現在かなりお金に困っている。

たいへんに金欠な時、たいへんに何度もGoogle検索してしまう"体入ドットコム"

金欠状態から逃れるための"キャバ体入荒らし"

もちろん、誰にも体入しようとしてることも、
検索してることも知られたくない。(てか体入荒らしなんて18.19.20歳の子がやるモンだし)

男の子に?いや、むしろ女の子に。

2018年SNS国家形成から早10年。
国家総インフルエンサー時代、そう20代前半女の子市場では女を使って稼ぐ方法は化石であるしかなりナンセンスでダサいのは通説。

"港区女子"や"ギャラ飲み"など単語で飾ってみても
結局は男の機嫌を取って金を稼ぐ奴隷女を綺麗にコーティングしただけの造語である。

キャバ嬢に対してラウンジ嬢という地域を利用するせせこましいマウンティングをTwitterでしている友達をTL上で発見しせせら笑いつつも
わたしの財布は彼女の何百倍も冷え切っているのだ。

そこでGoogle検索"体入ドットコム 渋谷 日払い"

出てきたお店に電話し、アプリの打ち合わせも終わり渋谷へ。

化粧をしていなかったので女子トイレが天国であるパチンコ屋へ(パチンコは未経験だが)

化粧をした自分はなんというかまあ、業界の人に騙されてそうな三流地下アイドルって感じ。

でもまあ、自分が客だったら許容範囲かなってレベル。
酒飲んで金が貰える女の子で良かったわ~と思いつつ手を乾かすと

風でハゲがこんにちは

?!?、、、あっそうか...
女という価値を売る業界で長らく働いたことがなかったので(19.20歳そこそこの頃ちょくちょくやってはいた)
ハゲが女という価値からそこはかとなく、そこはかとなく、北極から南極くらい、
極右から極左くらい
離れてしまっていることを思い知った。
メンヘラアイドルはいるが
ハゲアイドルはいない。

速攻店に電話し、「申し訳ございません、本日急にお腹を下しましてそちらには行かれません、また後日ご連絡いたします」と言い電話を切った。
店の電話番号は即座に消した。

なんということだろう。

精神病女も病みかわいい(例えばミスiDに出てくる女の子のように)
ハゲた女は女の市場では闘えなかったのだ。

そういえば、最近仲良いベイビー君(彼氏でもセフレでもないお気に入りの男の子)
とそういう雰囲気になっても本気で楽しめない。
ハゲていることを指摘されるのが怖い。

精神病などはぶっちゃけメンヘラという通り名もある通り、男性側も対処がわかるであろう。

しかし、ハゲ女への対応は分からない。

男の子はハゲ女への対処の仕方が分からないのだ。

え、なんでお前ハゲてんの?ウケるんだけど。でネタにしてくれるならまだ良い。

何もなかったことにして"わたし"という存在もスルーする男の子もいた。

わたしも好きでハゲているわけではない。

愛のないファックの度に
"ハゲてて辛い、でもハゲ隠すの辛い、気持ち良いけどハゲててエロくない"
という思いが頭を巡らし、泣けてくるのだ。
もはや、わたしには性を楽しむ権利もハゲに奪われたのかと。

メンヘラはエロいかもしれないけど、ハゲはエロくも痒くもない。

ハゲている→
ハゲでも愛されたい→
安価で愛の共有もされてない価値のない行為に誘惑される→
ハゲを隠すのに必死→
辛い→
またハゲる

これぞハゲの連鎖である

そこで、ハゲたことから、自分のライフワークに目を向けた。

やりたいことをやれているか、

やりたいことで金を稼げているか。

夢から逆算して目標を掲げ動けているか。

生活習慣は乱れていないか。

大切な人を大切に扱っているか。

ハゲは私を振った元カレからの贈り物であり、神様からのプレゼントなのだと思った。

上澄みで人を判断し、嘘で塗り固め、マウンティングを取っている
自分の浅はかさや考えの足りなさを自覚するきっかけになった。

そして、ハゲをカミングアウトしても私を大切にしてくれる女友達、男の子は
きっと本当に私のことを好きでいてくれている証拠だ。

それを簡単に判別できる"ハゲてしまった私"

ハゲたことにより、人間関係やら大切にしなくてはならないもの、大切にしたいものが見えてくるのだ。
これは灯台ハゲ明るしという現象である。(?)

決してハゲを受け入れろ!ハゲって可愛くない?
と私の価値観を押し付けたいわけではない。

分かってくれる人だけそばに居てくれる喜び。

残念ながらあたたかな人間関係の喜びは女市場から外れてみないと分からないみたいだ。(いずれにせよ私は)

※ハゲはステロイド治療を用いて絶賛💖治療中である。
治り次第、方法と画像を時系列でまとめ、また投稿するので気になる人は見て欲しい。

※若い女性がハゲることは大変辛い。
他にも悩んでいるハゲ女性と励まし合いたいし
治療方法の共有もしたいため、シェアしてくれると嬉しみあります。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

恋愛

1つのマガジンに含まれています

コメント1件

若い女性の円形脱毛症を聞いたことがなかったので、唖然でした。ストレスで本当になるものなんですね…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。