maryguitars

ギター工房メアリーギターズのブログです。オリジナルモデルに関する記事やイベント情報、リペア記録などを更新していきます。http://maryguitars.com/

Yamaha FG350リペア

Yamaha FG350。

ジャパンビンテージの赤ラベルってやつです。古い日本製は年代背景的に楽器構造としては未完成なものの、木工がしっかりしているものが多いので現在でも残っているんだと思います。

手頃な値段で良い個体を入手した後、修理に力を入れ現実的に長く使いたいというお客様は多く、今回もオーバーホールです。

フレット高がすでに寿命、全体の状態も相まって弦高がかなり高いです。今回はフレッ

もっとみる

Diso製作経過③

前回、粗方ネックの方が整形出来たところから。

狂いを修正しつつ、ボディの方も進めていきます。

ジョイントはネックの個体差に合わせて。

ボディの加工も同時進行していきます。

グリップの加工が完了。すべて手作業なので微妙に形状の違いはあるかもしれませんが、なるべく揃えるようにしています。

ボディも整形完了。

木地を研磨調整。塗装準備をしていきます。

Mary Guitars 丸井 優希

もっとみる

サウンドメッセin大阪2019 無事終了

たくさんの方にMary Guitarsを味わっていただけました。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、いただいた笑顔や驚いてくださる反応が次への意欲になります。けっこう本当なんです。またいつか関西で展開したいです。

で!今年はイベントがもう1つ。夏にあります。
余韻もありますが、気持ちを切り替えて。
また時期が来たら告知させてください。

M

もっとみる

SoundMesse in大阪2019出展決定

Mary Guitarsはサウンドメッセ2019に出展します!5/11~12(土日)大阪ATCホールにて。関西の方にMary Guitarsの作品に触れていただく機会がないので、ご都合あえば是非来てほしいです。

サウンドメッセHP→ http://sound-messe.com

今回はGENエリアでの出展です。トークライブもあるので今から緊張しています笑

すごく個人的な想いですが、振り返れば

もっとみる

Les Paul Specialリペア

Gibson CustomShopのレスポールSP。

まずはフレットすり合わせ。少し波打ちとハイ起きがあったのでフレット上で賄いました。

購入された時に付いていたピアノブリッジを純正のテイルピースブリッジにします。元の方が機能的なので周りの方々に反対されたようですが僕がオーナーの味方になります(笑)

アンカー位置が設計の都合と合わないので、まずはアンカーを抜いて埋木を製作。

鑿と鉋で整形

もっとみる