日本をぶち上げるカンファレンス・iNTERFACE SHIFT 2018をやり遂げました。

iNTERFACE SHIFT カンファレンス代表 兼 チャットボットスタートアップ ZEALS代表の清水正大です。

2018.12.13.「iNTERFACE SHIFT 2018 〜日本をぶち上げるカンファレンス〜」というすこぶる熱苦しいイベントが無事終了しました。

やると決めたらフルスイングがスタートアップ。「日本をぶち上げるという志を体現するイベントにする」と意気込み、初めてのカンファレンスにも関わらず日本屈指のカンファレンスホールである虎ノ門ヒルズフォーラムを貸し切り、1000人規模の勝負に出ました。

▼オープニング動画 ( めっちゃカッコいい )


▼ZEALS 清水 オープニング (フォントサイズは1000です笑)


結果は...大成功!!!!!!!!!!!!!!!

1000名の目標に対して1311名の申込み、47名のスピーカー様、応援してくれた56社の企業様、ツイッタートレンド1位、そして来てくれた人たちが口を揃えて僕やスタッフに「大成功おめでとう!」「最高のカンファレンスだった!」「“日本をぶち上げる”を体現してた!」と伝えてくれました。( 会場の熱気を感じたい方はこちら:https://togetter.com/li/1298280 )

ご来場いただいた皆様、登壇者の皆様、スポンサー・パートナーの皆様、ボランティアスタッフの皆様、本当に本当に本当にありがとうございました!!!!

( フォトスポンサーのラブグラフさんの写真、マジで圧巻のクオリティ..!! )


そんな大成功を収めたカンファレンスをやり切った感想は、、、

ハッキリ言って、スタートアップがやるもんじゃない。。

そのくらい大変だった。やろうと決めた時に想像していた大変さの5倍くらい大変でした。金めっちゃかかるし、用意しないといけないもの多すぎるし、集客大変だし、集客大変だし、集客大変だし、、!

地獄のような日々

1000人規模のカンファレンスができる場所は最低でも半年以上前に予約しないといけません。8ヶ月前の自分は勢いで日本屈指の虎ノ門ヒルズフォーラムを貸し切りました。

そこからは地獄のような日々でした。僕らはスタートアップ。日々事業に全力集中して泥沼の中を必死にもがいてる存在。大企業がカンファレンスを開くためにかけるリソースの10分の1くらいの時間、コスト、人数、ノウハウしかありませんでした。

さらに「日本をぶち上げるってテーマでホントに人集まるの?」とか「やる意味ある?」って突っ込まれて中々追い詰められました。そんなの知るか!って思えれば良いのですが自分自身初めてのカンファレンスだったので不安に押しつぶされそうでした。

その上、この規模だと半年前から告知するのが基本なのに、僕らは事業の傍ら進めていたのでズルズル延びてしまいやっと告知できたのは2ヶ月前。この時点で決まっていたスピーカー・スポンサーさんは半分以下。もちろん告知してないので集客も0人。不安×100。

こんな状況に追い込まれていく中で、正直何度も「なんで僕は大規模カンファレンスをやるなんて言い出してしまったんだ…」と思いました。自分はメンタルの強い人間だと勝手に思ってたけど正直マジで逃げ出したかった。


それでも逃げずにやり遂げることができたのは「志」とみんなの「応援」があったから。

ZEALSの清水りさ(実の妹ですw)と山田大生、for startupsの弘中寛太、JAFCOの松本さん、Facebookのしゅーごさん、資生堂の留目さんがいてくれたから。

そして、まだ実績のないカンファレンスに応援に駆けつけてくれたスピーカーの方々、最初にスポンサーになってくれたマイクロソフトさんやその他のスポンサーの皆様、参加頂いた皆さん、ボランティアの仲間たち、相談にのってくれた友人たち、ZEALSのみんな。皆さんがいたから僕は折れそうになりながらも、カンファレンスをやり遂げることができました。本当に感謝しています。

このカンファレンスで伝えたキーメッセージ「“共に”日本をぶち上げる」。自分1人ではできなかった。1人の力は小さいし弱い。みんなの力があったから実現させることができました。

皆さんは、粗削りで見切り発車だけど本気で「日本をぶち上げる」という志に熱狂している僕の色んなやらかしに対して、温かく目をつむってくれました。本当に感謝しています。

すべては、本気で熱狂している「志」があるかどうかだと身をもって知ることができました。「日本をぶち上げるという志」を最後まで信じきった。この点だけは自分に100点満点をあげたいと思います。


どうしても皆さんに届けたかった「“共に”日本をぶち上げよう」というメッセージ

▼ZEALS CEO 清水のキーノートスライド

一言で言うと「日本人は熱狂してる人が少な過ぎるから、みんなが熱狂できる社会にしていこう」という話。


▼キーノートダイジェスト
< 課題 >
2030年の日本はマジでヤバイ。人口減少、高齢化、貧困、空き家、低成長...そんな「課題先進国日本」の根本的な課題は「6%」って数字。これは「熱意を持って仕事に取り組めてる人の割合」で先進国139カ国中最下位レベル。すこぶる低い。(引用:http://ideal-leaders.co.jp/20180418111855)


< 逆説 >
そんなどうしようもない状況の日本を、僕は世界で一番可能性を秘めた国だと考えてる。課題は発明の母。大きい課題があるってことはそれだけデカイ発明のチャンスがある。しかも94%もの人々を熱狂させられる伸びしろがある。


< キードライバー >
つまり、絶望の2030年を希望の2030年に変えるためのキーは「熱狂 (ジール)」と「発明 (テクノロジー)」だと確信してる。


< 3つの解決策 >
そして具体的には、3つのアクションが必要。
 ①熱狂できない仕事から人々を解放し、
 ②一人ひとりが所属の枠に縛られずテクノロジーに熱狂することで、
 ③ワクワクする新たな産業を創っていく

( ※丁寧に伝えたいけど詳細は割愛 )

< ZEALSのチャレンジ >
僕たちZEALSは「①解放」を頑張る。人が持つ対話の力をチャットボットに授けることができれば、多くのコミュニケーションを仕事にしてる人々を解放することができる。だから僕たちはチャットボットを頑張ってる。

< キーメッセージ >
でも、僕たちだけで「②熱狂」や「③産業創造」を含めた全てを実現することはできない。だからこのカンファレンスを開いた。共に動き出そう。日本にはそのチャンスがある。絶望の2030年を希望の2030年に。
共に”日本をぶち上げよう。


▼各業界トークセッション
そして、このカンファレンスで各テクノロジー業界や関係する業界のトップランナーの皆さんに駆けつけてもらったのは「②熱狂」や「③産業創造」がやりたかったからです。

( ※ IoT・BIG DATA と UNDER 30 CEO のトークセッションもありました )

どのトークセッションもすこぶる熱くて、その場に来てくれた人たちは絶対テクノロジーに興味関心を持つキッカケになったと思います。その業界にチャレンジする人が増えると確信してます。

( スピーカーの皆さん )

僕だけが伝えても影響力が無いので、トップランナーの皆さんに伝えてもらいました。まさにキーノートで伝えた「1人で日本はぶち上げられない、だからみんなでぶち上げましょう」ですね。

( キーノートセッション「日本をぶち上げる」 )


今後について

ZEALSは、これからもチャットボットを活用した広告サービス「fanp」を中心に事業を拡大させていきます。
さらに、チャットボットで集めた膨大な会話データを活かして開発を進めている対話型AI「WACON」を実装した無人携帯ショップを2020年オリンピックまでにオープンさせます。未来は保険販売店、自動車販売店、不動産販売店などの領域に拡げていくことで販売従事者800万人を販売員という仕事から解放していきます。

そんなビッグチャレンジの傍らで、今年酸いも甘いも経験させてもらったこの「iNTERFACE SHIFT 〜日本をぶち上げるカンファレンス〜」を2019年も頑張りたいと思っています。でも、iNTERFACE SHIFT 2019をもっとすごいものにできるかどうか( そもそもチャレンジできるかどうか )は、結局僕たちがどれだけ成長できるかにかかっています。

僕は、絶望の2030年を希望の2030年にするためには時間がないと思ってます。このカンファレンスを止めたくないです。だからこそ全力で成長していきます。僕たちZEALS、そしてiNTERFACE SHIFT カンファレンスのこれからを楽しみにしていてください!!!

あっ、もしそんなZEALSに興味があるという方がいれば気軽に以下にメッセくださいね。絶賛仲間集め中です。“共に”日本をぶち上げていきましょう。

▪︎メールアドレス:masahiro.shimizu@zeals.co.jp
▪︎Facebook Messenger:https://m.me/masahiro.shimizu.73
▪︎twitter:https://twitter.com/masa43zeals


おまけ:「21世紀の桃太郎」という名前について

早速ツイッターの名前を「21世紀の桃太郎」に変更しました。倉敷出身の自分はかなりしっくりきてます(笑)。これからも桃太郎のように志を持って、仲間を集め、ワクワクと熱狂で溢れる幸せな社会 (=ぶち上がった日本) を創っていけるよう突っ走っていきます!!!!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。