【宿題】深く考える訓練、その1

読者参加型のnoteという試みが面白そうだったので挑戦してみることにしました。

宿題
あなたが日常で困っている問題を、「5つのなぜ?」で5段階、しっかりと掘ってみよう。そしてnote.muに「#深く考える訓練」というタグで投稿し、お互いの答えや思索をみてみよう。

日常で困っている問題

私が日常的に困っている問題は、

「友達からカラオケに誘われることが苦痛である」

です。私は音痴です。カラオケに友達から誘われるのが本当に苦手です。この問題の原因を「5つのなぜ?」で深堀していくことにします。

1つめのなぜ? : 「なぜカラオケに誘われると苦痛なの?」

A. 歌うことが嫌いなのに、友達の前でひどい歌声を披露しないといけないから。その友達がどれだけ気の許せる友達で合っても苦痛に感じます。

2つめのなぜ? : 「なぜ気の許せる友達と一緒にも関わらず、カラオケで歌うことが嫌いなの?」

A. そもそも私は知っている曲が少ないです。それにも関わらず友達は私に何か歌ってよ!とマイクを渡してきます。が、歌詞がわからないまま歌うことが多く、うろ覚えの箇所は何とか歌えても、知らない歌詞の部分は黙ってしまいます。その結果、盛り上がってる雰囲気が一気にシラけるので苦痛で仕方ないです。

3つめのなぜ? : 「なぜ歌えない私に友達は歌うように勧めてくるの?」

A. 基本カラオケに行くと歌わないように身を潜めていますが、友達は歌う機会の少ない自分に気遣ってくれるからです。

4つめのなぜ? : 「なぜ友達は私に気遣った結果、大嫌いなカラオケを勧めてくるの?」

A. カラオケとは歌を歌う以外にすることがないので、歌っていない = 一緒に楽しむことができていないという図式が成立してしまうからです。ちなみに歌を歌っていない時間は基本みんなだんまりしているので、盛り上がりたいなら歌う他ありません。

5つめのなぜ? : 「なぜカラオケは歌を歌う以外にすることがないの?」

A. カラオケボックスの中は歌を歌うためのマイクとディスプレイしか置いていません。他に何かしようと思っても、狭い空間に閉じ込められているので歌う以外にすることがありません。(歌う場所なので当たり前ですが...)

さらにひどいことに椅子は壁側に配置され、テーブルは真ん中に置いてあるため順番にマイクを回しやすい設計がされています。そのため、歌を歌うことが嫌いな私にも必ず順番が回ってきやすいようになっています。

考察

「5つのなぜ?」を繰り返してた結果、カラオケに行くのが嫌いな理由は「歌を歌うことが嫌い」という単縦な理由ではなく、「歌を歌わない限り一緒に盛り上がることができないカラオケボックス」に問題があるということが見えてきました。

カラオケだからって歌うことに拘らなくてもっとみんなが楽しめる場になっても良いですよね。実際歌っていない時間帯は結構シラけたりすることもありますし、歌っていない時間も楽しめるカラオケボックスというのがあればカラオケが好きな人もそうでない人も楽しめる場になるかなと思いました。

(おわり)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートお待ちしております〜!

ありがとうございます〜
27

Masaki Haruta

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

コメント2件

カメラアプリとかスタビライザーつかって、オシャレ撮影係に徹すると、歌わないでも楽しめるかもしれませんねー。僕もカラオケ苦手です。
ルールを新しく作るといいと思います。自分は聴くだけの人、踊るだけのの人、通常ではウケない特殊な歌を歌いたい人などを積極的に歓迎する独自カラオケパーティーを主催して、歌う事の強制、デュエットの強制、長渕楽曲などを禁止事項にしております。(最後のはただのネタ。主催者が嫌いなだけです)経験からいって、こうしたことに理解がある人が集まるので大変盛り上がります。これは完全にいわゆる「接待付き合いカラオケ」に対する「アンチ」から発想したのがはじまりです。「しばり」と「自由」の組み替えによって大変楽しい社交が成り立つと信じます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。