大川雅史@理学療法士note

理学療法士による臨床やカラダのこと、今後の働き方などについて情報発信中。 ブログ→https://www.reha-future.net/  twitter→https://twitter.com/MASA01261122
固定されたノート

スキマ時間にスマホで学習!ゼロからわかる学生~新人セラピスト向け学校では教えない問診のすべて

このnoteを読んでいただいているということはあなたは問診について何らかの悩みがあるのではないかと思います。

結論から言うとこのnoteを読んで購入して頂ければあなたの問診技術は向上します。

私の経験上「問診」は非常に大事な評価の1ついや1番重要だ!と断言できます。良いセラピストほど問診に十分な時間をかけますし、これにより評価のほとんどが終わると言われるくらいです。

Twitterでアンケー

もっとみる

自分が新人の頃ある先生に言われたこと

1年目・2年目は、まだPTとしてのスタートラインに着くための準備期間みたいなものだ

3年経って、ようやくスタートラインに立てる

5年やって、自分で学んでいく術を覚える

10年やって、ようやく何を学ばなくてはならないのかが見えてくる

起立動作
重心制御に失敗すると後方に転倒してしまい起立することができない。

着座動作
重心制御に失敗しても後方に転倒しながらも着座できる。

こういった点からも、着座動作の障害は問題が顕在化しにくいんだよね。

体幹を固定して柔軟性がない方が多い。

一般の方は、体幹を強くする=固定する(剛性を高める)と思っている印象。

安定性も大事だけど、可動性も大事!

筋トレに並行して柔軟もやろう。
しなやかな体幹を目指して!

運動を継続するのが難しい理由とは?

もうとっくに気づいているかもしれませんが、最近TVでも予防医療の話題が取り上げられたりしていますね。

さらに、国や大手企業などもあれやこれやと取り組みを行っています。

私たちセラピストも運動の重要性は重々承知していますので、患者さんにも説明します。

患者さんも当然そんなこと分かっているよという方は多いです。

でも運動ってなかなか継続が出来ない(偉そうにしている自分もそうですが)・・・・・・

もっとみる