金子将昭@和風ジャズピアニスト

和風ジャズを弾くピアニスト。百人一首に100曲に和風ジャズで曲付けを達成。音大(洗足学園)にギターで入学後、19歳より経験ゼロのジャズピアノを始める。現在活動中。http://masaaki-kaneko.com

大劇場の仕事は大劇場で回る理由。

先日、記事に書いたこの話。

「小劇場で活動を頑張ると中劇場に出れる。だけど中劇場で活動を頑張っても大劇場にはいかない。大劇場の仕事は大劇場の人たちで回る。」

これは「仕事を仲間で回して外に出ないようにしてる」わけではありません。

今回はこの話を書こうと思います。

ちなみに大劇場に定義はないので、大きな会場、仕事、という形でとってもらえれば幸いです。

対象は演奏家、そして特に技術

もっとみる

音楽家が食べるためにやっているたった一つの事は「同じ立場で知り合う」こと。

ピアノ経験なしの19歳からジャズピアノを始めて17年目になりました。こんな僕にジャズのみならずポップスなどなど仕事の依頼をしていただけることに感謝の日々。

そんな僕にでもたまに「どうやって仕事を取っているんですか?」と聞かれます。

(プロフィールはこちら↓)

https://www.masaaki-kaneko.com/?page_id=4

そういえば、現状を見渡してに「仕

もっとみる

旅行とは想像力。そのトリガーは土着の人とのコミュニケーションかもしれない。

今まで旅行をしたことはありますか?

私は引きこもりに加えて英会話力と機会とお金がないため海外は行ったことありませんが、国内は都道府県のうち半分くらいでしょうか、訪れました。

観光地へ行って観光名所を見て、名物料理を食べて、お土産を買って、スマホでSNSにアップ、私が良くやることです。

(竹富島へ行った時は水牛車に乗って写真…笑)

先日友人が八丈島に遊びに行った話を聞きました。友人が

もっとみる

「バイアス」を減らす、「人と会う」ことについての考察

政治・経済で感情抜きにして合理的に考えるとみな同じ考えになる。

一部の既得権益層ではなく、合理的に考えれば現状よりマシな政策もたくさんある。

とはいえそうはならないのが感情の面白いところ。

政治ではそれは面白くない事が起こりうるが、アートな部分や個人の面白さにおいてその合理的でない部分が楽しむポイントになる。

僕はダルマとピアノをもって47都道府県を回る、という企画を個人的にやって

もっとみる

「これからのピアニストの価値って何?」と考えて、普天間と辺野古に行ってみた。

ピアノを弾くことは珍しくもない今日この頃、これからはピアノだけじゃいけない、ふと「未来のピアニストはどんな人だろう?」と考えて、ある仮説を立てた。

「これからの価値は人の経験に宿る」

自分が思う面白い人ってのは、音楽以上にいつも面白い経験をたくさん重ねて自分を作ってる。

その経験は「オリンピックで金メダル獲る」とかではなく、「実際に気になった地は足を運んでみてみる」、「アプリを自分で作

もっとみる