ビジネス提供者は「自分への思いやり」を忘れないようにしよう

ビジネスの本質は社会貢献であり、社会に価値を提供することです。

だからこそ、ビジネスは継続・発展することが望まれます。継続的に、発展的に価値提供されることを、社会は求めています。

だからといって、ビジネスが簡単にうまくいくというわけではありません。

むしろ、ビジネスは困難の連続です。うまくいくことより、うまくいかないことのほうが多いのです。

だからこそ、ビジネス提供者には、メンタルコントロールの技術が必須となります。困難な状況でも、押しつぶされずに生き抜く技術が必要となるのです。

そのときに重要となるのが「自分への思いやり」です。

自分に厳しくするのではなく、自分に対して思いやりを持って接するようにするんです。

うまく行かないことを責めるのではなく、自分を励ますようにするんです。

ビジネス提供者は、誰も口には出しませんが、苦しんでいます。自分の商品・サービスの価値が伝わらないことに、絶望を感じています。自分の悩みを打ち明けられないことを苦しく思っています。

苦しんでいるのは、あなた一人ではありません。本気で社会に価値あるものを提供しようとしている人は、誰もが苦しんでいます。

そして、多くの人がこの苦しみに耐えることができずに、脱落していきます。

脱落しないために必要となるのが、「自分への思いやり」です。

ビジネス提供者には、結果が出ないときに励ましてくれる人はいません。

だから、自分で自分を励ますしかないんですよ。

自分で自分を責める必要などないんです。すでに苦しさは十分に味わっているのですから。

自分に対して思いやりを持って接しましょう。自分の不完全さを認め、受け入れてあげましょう。その上で、期待をかけてあげてください。

いつでも、あなたは、あなたの最高の味方でいてあげてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

三國 雅洋

コーチング

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。