成功体験を簡単に捨て去ってはいけない。

パワハラ被害に遭うと、多くの人が自分のコミュニケーション能力に不安を持ってしまいます。

「私は人間関係が下手だ」とか「私は人に好かれない」と思ってしまうんです。

この気持ちはよく分かります。

ただ、これはどう考えても、自分を過小評価しすぎです。

【1】過去に一度でも成功体験があるなら、大丈夫

たしかにその職場では、パワハラ被害に遭ってしまったかもしれません。

でも、他の職場でもそうだったでしょうか。

過去に1度でも職場の人とうまくいっていたなら、大丈夫です。

【2】成功体験を再現する方法を考える

その時の成功体験を思い出してください。そのときにあなたが取っていた行動を思い出してみてください。それを再現すればいいんです。

私達は、成功体験を簡単に捨て去りすぎなんです。

たった1度の成功体験だからといって、過小評価しすぎです。

【3】失敗の理由を分析しても、成功する理由は分からない

成功体験こそが大事です。成功こそ分析するべき対象です。

うまく行かなかった理由なんて、いくらでも考えられますよね。そして、その理由がわかったからといって、うまく行く理由が分かるわけでもありません。

大切なことは1回の成功を振り返ることです。うまく行った方法を分析して、技術として身に付けることです。

【4】成功した方法を技術にする

成功体験から、成功する方法を見つけましょう。成功を再現する技術を作るんです。

人と仲良くなりたいなら、過去に人と仲良くなった方法を取ってみてください。同じことをすれば、大抵の場合、同じような結果が得られます。つまり、また人と仲良くなれます。

新しい方法を探す必要なんてないんです。昔の成功体験から、うまくいった方法を探せばいい。

たった1度の成功体験でも、まずはそれをトレースしてみればいい。そして、うまく行くポイントが見つかったら結晶化して技術にすればいい。

【5】成功体験を捨て去ってはいけない

成功を捨て去ることが大切だと言われます。

たしかに新しいことを挑戦するには、成功を捨て去ることが大事です。

過去の成功体験にとらわれすぎると、現状維持以上のことはできません。

でも、だからといって成功体験を簡単に捨て去るのも、もったいないことです。

過去にうまく行った方法は、大抵の場合、やっぱりうまく行きます。

せっかくうまく行った経験があるなら、それを存分に活用すればいいんです。新しい方法なんて、見つける必要はない。

何かがうまく行かなくても、諦める必要はないですよ。

過去にうまく行ったことが1度でもあるなら、大丈夫。

過去の成功体験をトレースすることから始めれば、きっと取り戻すことができます。

安心してくださいね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

三國 雅洋

コーチング

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。