クライアントがつかないコーチにある「スコトーマ」

コーチングは社会的、経済的弱者にとって必須の心理技術です。

しかし、コーチがあまりにもマーケティングが下手なせいで、コーチングはまだまだ広まっていません。その証拠に「コーティング」と言われたりしますよね。

広まらないのは、コーチの中に大きな「スコトーマ」があるからです。スコトーマのせいでズレたマーケティング活動を行う人ばかりなので、なかなかコーチングが広まりません。

その大きなスコトーマを取り除くことができれば、コーチングはどんどん広まっていくでしょう。コーチは全員、そのポテンシャルを持っています。

この記事を読んでいただければ、その大きなスコトーマを外すことができます。そして、マーケティング活動において、大きな間違いをすることがなくなるでしょう。

たとえば、大きな間違いというのは次のような情報発信をすることです。

「コーチングでうつ病を治す方法」

「トラウマを克服するアファメーション」

「女性にモテるためのエフィカシーの高め方」

これらの情報発信がなぜズレているのかについて、論理的に理解することが大切です。もしあなたが上記のタイトルの問題点がわからないのであれば、続きを読んでいただくほうがよいでしょう。

それでは、本題に入ります。

この続きをみるには

この続き:1,844文字

クライアントがつかないコーチにある「スコトーマ」

三國 雅洋

2,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

三國 雅洋

コーチング

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。