地域暖房で無用になった半地下スペースを活用しまくるコペンハーゲン。

コペンハーゲンの観光本を開けば、世界初の歩行者天国「ストロイエ」が必ず出てくるけれど、ふらっと裏通りを歩いている方が、意外と面白い。それにしても、まちを歩いていていると、200〜300年前に建てられてたものを目にすることなんて、それほど珍しくないから驚きます。では今回は、コペンハーゲン2日目(2016.01.15)の市中心部を半地下目線でグランドレベルを歩いてみましょう。

*「ストロイエ」はこの辺り(https://goo.gl/maps/TLoek8ruTwm)で、取り上げるものはその周辺の裏路地です。

本屋さん。半地下にあります。窓越しに見える店内の本棚と外側の壁づてにも本棚、さらに手前にも小さな本棚。本棚のレイヤーに誰もが、足を思わず止めて、すっと誘い込まれてしまいます。窓枠の緑の装飾に内部の少し暖かみのある照明。すべてのバランスが絶妙です。

宝飾屋さんも半地下を使って。日中のまちにも放たれるゴールドの輝き。ゴールドに対して黒い枠が効いてます。けど、半地下といっても、地上に出ている窓の高さが1600mmくらい。入るときは階段を4、5段降りるので、わりと浅い半地下だということがわかります。これだともうひとつのメリットは、中に入ると目線の少し上にグランドレベルがくるんですね。すると路上の賑わいを店内でも感じることができる。賑わいを互いに感じ合うというのは、大切なポイント。

で、行けども、行けども、こういった半地下を個性的に活かしたお店ばかりなんです。出しゃばらず、さりげなく、センスよく、雰囲気で自然と引き込むデザイン。手作り感もやり過ぎない。ポップとか、○○らしさとか、ガーランドとか、日本にありがちな糞ダサいものは、むろんありません。まさに人が何に惹かれるかという本質を、わかっているという感じ。

ここは半地下もその上階も雑貨屋。半地下にある手作りの帽子屋「Chapeauspiral / LotteK」(http://chapeauspiral.com/index.php)は、フリース素材のパッチワーク帽子が素敵でした。

こういった半地下を持つ建物は、ヨーロッパの多くの地域に見られるものです。冬が厳しいために、その昔は、半地下にボイラーや厨房を設置し、暖かい空気は上階へと回ったと言います。半地下であれば、運んできた燃料を下ろすのも楽だったといわれています。

けど、コペンハーゲンでは、下記リンクにあるように、地域暖房が超絶発達しているので、今では用無しに。(今回airbnbで宿泊したお家も最上階でしたがポカポカでした)その半地下が、特徴そのままこのように活用されているというわけですね。(LINK:コペンハーゲンでは98%のエリアで普及。デンマークで浸透する地域暖房

グランドレベルの視点からすると、半地下を持つ建物の活用は一石二丁であることがわかってきます。だいたいの使われ方は、半地下とその上階をダブルで外に開く。その上は集合住宅。通りに対して、グランドレベルをつぶすという概念はここにはありません。まさにグランドレベルを活性化させ、まちに貢献させられれば、エリア全体の価値はもちろん、その上階の価値も高め維持し続けられるということ。

じっくり見ていくと、こんなちょっとしたお店ですら、照明の使い方が個性的で、見られることに対して相当計算されていて、このあと帰国するまでビックリすることになります。しかも、どれも同じパターンがないという。

左のような建物は、グランドレベルが寂しいよねと思って、近づいていくと...

思いっきりアトリエで、路上から思わず釘付けになってしまったり。オフィスや工房もすべてがオープンなので、まち歩きが進まない、進まない。。

さっきの建物は、半地下はレストラン、その上はヘアサロン。外席もしっかりありますね。その話は、また別の回に。

いくつも見たのですが、こうやって半地下に厨房がある飲食系が超絶いい! 歩いていても、楽しそうに料理している姿が目に入ってくるだけで、ぐっとそそられてしまいます。

ここは半地下にデリ、その上にカップケーキ屋「Serenity Cupcakes」(https://goo.gl/maps/UBnVkct4zrq)。このお店を上下に組合せられるということそのものが面白い。飲食や雑貨など、いい組合せをつくるだけで、もはや小さなまちが生まれるような感覚です。ひとつの建物の賑わいも単純に2倍ですからね。これが単純に1階、2階となっている形では駄目なんです。半地下だからこそ、路地を歩いているときの視界が、ほぼ同時に半地下とその上の階を同時に捉えることができる。この写真のようにね。これがポイント!

しかし、この建物ひとつ取っても可愛いでしょう。自分の住む街にこんな建物がひとつあったらなぁ。妄想が止まないまちコペンハーゲンの旅は、まだまだ続きます。

大西正紀(mosaki)

http://mosaki.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

グランドレベル研究所*デンマーク・コペンハーゲン

1階づくりはまちづくり! ここではデンマーク・コペンハーゲンのグランドレベルをデザインとコミュニティの観点から楽しく見ていきましょう。(*情報は2016年1月時のものです)
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

すごく初歩的な質問で申し訳ないのですが…半地下って寒くはないんですか?ドイツも結構半地下な建物多いです。でもコペンハーゲンのほうがかわいいなぁ…。
僕も昔ロンドンの似たような建物に住んでいたことがありますが、基本的に地下は寒いですよね。けど、デンマークなどは暖房設備がインフラから整えられているので、たとえばレストランなどに入って寒い〜ってことはないようです。
もうすぐ始まる家庭の電力自由化。注目がもっと集まっていいはずの第4世代地域熱供給ですね。つい先日知りました。デンマーク、目の付け所が素晴らしいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。