見出し画像

3つの佐藤ローズから、折り紙における「色の相性」を考える 〜あなたのお好みは?〜

ハイブリッドティーローズの「赤系」が3つ揃ったので、写真を並べてみました。

■DARK RED:ダークレッド
(2019/10/08)
■RED:レッド
(2019/10/02)
■ROSE PETAL:ローズペタル
(2019/10/06)

「DARK RED」「RED」は、並べるとかなり明るさが違いますね。
一つ一つ作っていると気付かないので、私にとっても新鮮でした。

皆さんは、どのカラーがお好みでしょうか?

さて、今日は「色の相性」のおはなし。
花とガク、そして背景の色について掘り下げてみましょう。

🍀今日のトピック🍀
❶背景選びも楽しんで
❷ガクの色にご注目
❸緑以外のガクもアリ

♦︎♦︎♦︎

❶背景選びも楽しんで
狙ったわけではないのですが、3枚の写真はすべて背景の色に個性が出ました。

DARK REDは、暗めの茶色いテーブル。
ROSE PETALは、淡いブラウンの手すり。
どちらもバラの色とよく馴染んで、目に優しい写真になりました。

一方で、REDの背景は、真っ白なバックに真っ赤なバラが浮かんで、より存在感が増しています。
撮った場所は、リビングのテーブルです。

3つ並べて白い背景で撮ると、より色の違いがハッキリ出ますね。

皆さんも、作品が完成したら、ぜひ色々な場所で写真を撮ってみてください。
背景の色次第でガラッと雰囲気が変わるので、一つ作品で何倍も楽しむことができます。

❷ガクの色にご注目
3つのバラで、すべてガクの色が異なる事にお気づきでしょうか。

DARK REDには、落ち着いた赤色に馴染むように「暗めのくすんだ緑」を。

REDは鮮やかさが引き立つよう、色相環の反対側に近い「やや青寄りの緑」を。

ROSE PETALには、柔らかなピンクの邪魔をしないよう、「淡い蛍光色の緑」を配置しました。

と、偉そうに言っていますが、基本的にはカンです!
「緑色」と言っても色々あるので、好きな組み合わせを見つけてみましょう。

❸緑以外のガクもアリ
ガクにはたいてい「緑系」を使うのですが、実は「金色」もオススメです。

指輪の「石座(マウント)」と「爪(プロング)」みたいに見えませんか?

そこに鎮座するバラは、鉱物や彫刻のような雰囲気。
バラらしからぬ無機質さが、とても気に入っています。

■ガーデンローズ×VIOLET
(2019/09/22)
■ハイブリッドティーローズ×AZURE BLUE
(2019/08/01)
■ハイブリッドティーローズ×BLACK
(2019/08/03)

バラ本来の「赤系」に限らず、どんな色でも美しく仕上がるのは、緻密にデザインされた佐藤ローズだからこそ。

「赤と緑」という固定観念に囚われず、柔軟な発想で楽しんでいきましょう。

♦︎♦︎♦︎

というわけで、今日は総集編のような形で「色の相性」についてお話ししました。

こういう楽しみ方ができるのも、折り紙の魅力の1つです。

「この色は似合わないかな…」と思っても、作ってみると意外とイイ感じになったりします。

新しい発見をしたら、皆さんもシェアしていただけると嬉しいです。

#ハイブリッドティーローズ #hybridtearose #ダークレッド #darkred #ローズペタル #rosepetal #rosepetals #pinkrose #pinkroses #ピンクのバラ #ピンクの薔薇 #佐藤ローズ #satorose #バラ #rose #origamirose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。