見出し画像

ガーデンローズ、ボリュームアップ大作戦! 〜佐藤直幹さんのアドバイスを実践〜

6個目の挑戦となる、佐藤直幹さんの「ガーデンローズ」。

今日は、花びらをより大きく、豪華に見せるための工夫をご紹介いたします。

使った素材は、ヴィヴァルディの「CANARY YELLOW(カナリアイエロー)」。

ハイブリッドティーローズを折った際、とても好評だった色です。
(当時の記事:2019/07/26)

さて、今日のトピックはこちら。
❶佐藤直幹さんのアドバイス
❷さっそく実践!
❸前回とのボリューム比較

♦︎♦︎♦︎

❶佐藤直幹さんのアドバイス
紫色のガーデンローズを折った、前回のこと。
(前回:2019/09/22)

Twitterのコメントで、佐藤さんがこんなアドバイスをくださいました。

「外側から三列目の花弁を、もっと丸くすることもできます」
「今の状態だと、中心に沿っている感が強いので、そこも思いっきり丸くしてみてください。きっと、もっと豪華に見えます。」

なるほど。
1・2列目に気を取られて、3列目が疎かになっていました。
テキストでは、浮かせて丸みをつけている印象です。
ここを大胆にグリッとやるか、ハイブリッドティーローズのように外側にめくるか…

迷っていた所に、アドバイスが続きます。

「中心から少し離すだけでもいいと思います。あまりに近すぎると紛れてしまうので。あとは好みですね」

なんて親切なお方…
いちプレイヤーの私に、ここまで細かく御指導いただけるなんて恐縮です。

次のトピックでは、実践レポをお届けいたします!

❷さっそく実践!
3列目の花びらをめくる際に、Before-Afterを記録してみました。

内側の根元に指を突っ込んで、グリッとめくると、意外とすんなり外側に傾いてくれます。

あまり広げすぎると、下の花びらが隠れてしまうので、微調整。
上から・横から・斜めから。
色々な角度から観察して、ベストバランスを考えました。

なお、少し話がそれますが…
2番目の花びらのヒダは、工程39の時点で、一度グリッと開いておくのがオススメです。

工程40-1〜40-3を開いたまま進めると、工程41が終わる頃に、しっかり固定されます。

このシーンは、過去のコラムで解説しているので、良かったら後ほどチェックしてみてください。
(2019/09/18)

❸前回とのボリューム比較
今回の結果を、前回と見比べてみました。

筒状だった3番目の花びらに動きが出て、ボリュームが増しています。

また、前回は、花びらが内側と外側でくっきり分かれていました。
今回は、加工した3列目が「つなぎ」となり、より全体のバランスが良くなった気がします。

それから、昨日のこと。
佐藤さんがInstagramで、ご自身のガーデンローズの写真を上げてくださいました。

や、やはり美しい…
作りも端正で、優しいグラデーションも素敵。
私の作品を並べるなんて、おこがましい…

と思いながらも、スキルアップのため、十二分に活用させていただきました。

やはり「本家」には遠く及びませんが、前回よりもグッと良くなった気がします。

♦︎♦︎♦︎

というわけで、佐藤さんの手厚いアドバイスあっての本作でございました。

こんなに貴重なアドバイス、独り占めするなんてバチが当たります。
頑張って写真と記事を作ったので、少しでも多くの情報がシェアできれば幸いです。

皆さんもぜひ、折る際の参考にしてみてください。

#黄色いバラ #黄色のバラ #yellowrose #canaryyellow #カナリアイエロー #ガーデンローズ #gardenrose #gardenroses #佐藤ローズ #satorose #バラ #rose #origamirose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。