見出し画像

折り紙×恐竜はやはり鉄板! 〜電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」の「プテラノドン」を折ってみました〜

さくBさんが昨年秋から発売している、電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」。

本日は、同書3番目の作品「プテラノドン」をご紹介。

上・下・横、どのアングルから見ても綺麗なので、色々な写真を撮りたくなります。

照明にかざしたら、これまたステキ!!

太古の空を舞う、優雅な姿を演出してできました。

工程数は45、推奨サイズは15cm。
立体的な部分もありますが、ちょっと慣れた方なら、すぐに折れる難度です。

さて、今日は折ってみた印象を交えて、ポイント解説をさせていただきます(^o^)

❶大きいサイズは迫力満点!
❷プレスは強めに
❸「花弁折り」について

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶大きいサイズは迫力満点!
一回り大きな24cmでも作ってみたら、これがすごくイイ!!

大きな翼がさらに迫力を増して、恐竜らしさが引き立ちます。
紙の厚みも感じにくくなるので、折るのも楽です。

15cm×15cmのものと並べると、親子みたいですね。

おんぶさせると、微笑ましい絵になりました。

さらに大きなポスターや、模造紙で折っても良さそうです!

折り方もそこまで複雑ではないので、小学生の自由研究などにもいかがでしょうか?

❷プレスは強めに
中盤から少し厚みが出てくるので、序盤からしっかりプレスしましょう。

同じ折り筋を酷使することはないので、力を入れても大丈夫です。

工程11「沈め折り」をやった後は、上部が浮きがちです。
顔の先端になる大事なパーツなので、キュッと折り直してから、次に進むといいでしょう。

また、工程18の翼を折り上げるシーンや、工程41・42のかぶせ折りは、重なった紙をまとめて折ります。

紙がズレないよう、注意しましょう。
全体を揉み込んで、繊維をほぐすと良いですよ。

なお、好き嫌いはあると思いますが、紙が開きが気になる方は、ノリ付けするのも手です。

頭や首、翼の一部、おしりの部分をちょっと接着すると、全体が引き締まってキレイに見えます。

❸「花弁折り」について
この作品で3回出てくる「花弁折り」というキーワード。

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、これは「鶴の基本形の最後」と思えば大丈夫。
(初心者が最初に苦戦するアレです)

通常はカドを上にガバッと持ち上げるのですが、誤差が心配な方は、事前に両側を「中割り折り」するのもアリです。
(「カドを内側に折る」とも言います)

なお、工程27は「花弁折り→かぶせ折り」みたいな感じで、二段階で折っていきます。

ここは、同テキストの最初に載っている「ちょうちょ」の工程16・17と同じ構造です。
分からなくなってしまったら、参考にしてみましょう。

♦︎♦︎♦︎

というわけで、「パーフェクトオリガミライフ」より「プテラノドン」のご紹介でした!

4作品で299円という、超おトクなテキスト。
Kindleでしか入手できませんが、アプリは無料なので、これを機にインストールしちゃいましょう。
ブログにリンクを貼っておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

私が今まで折ったのは、次の2作品。
11月27日:カピバラ
「11月22日23日:ちょうちょ」

また、続編「パーフェクトオリガミライフ2」も発売中です。
私は「1」の残り「ベビードラゴン」を折ってから買おうと思います\(^o^)/

#パーフェクトオリガミライフ #恐竜折り紙 #プテラノドン #pteranodon #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。