見出し画像

川畑文昭さんの「亀」2個目のチャレンジ! 〜折り紙三昧の週末〜

2回にわたり、川畑文昭折り紙作品集の「亀」に挑戦したのは、先週末のこと。
(6月15日17日

あれだけ苦しんだのに、2個目を作りたくなるのは、マゾだからでしょうか。

ということで、また土日を使ってカメちゃんを折りました!

前回よりも良くできた点、前回の方が良かった点、まとめてお送りいたします。
❶頭はシンプルに
❷ビギナーズラックに敗北
❸均等仕込みのポイント

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶頭はシンプルに
前回は頭にティッシュを詰めて立体的にしたり、色々と工夫をしました。

今回は、カドの先端をちょっと立てただけ。
シンプルですが、これでも十分「目」に見えます。

手を抜くつもりはありませんでしたが、結果的に前回よりもずっとラクに仕上がりました。

目も大きくなり、リアル過ぎず「折り紙らしさ」も出て、いい感じです!

❷ビギナーズラックに敗北
2回目となる今回は、甲羅に少しスキマが空いてしまいました。

仕込みの精度は、前回の方が高かったみたいですね…
1個目が思いのほか上手くできて、油断してしまったのでしょうか。

それから、今回は薄い色を使ったためか、全体的にシワが目立っています。

濃い色は染料がたくさん使われているため、ちょっとだけ厚く、しっかりしていて。シワもつきにくいんです。

まぁ、でも、紙のせいにしても仕方ないですね!
私もまだまだです。もっと精進します!

❸均等仕込みのポイント
「各交点をきれいに折るコツは何ですか?」
読者の方から、こんな質問をいただきました。

前述のとおり、決して自慢できるレベルではありませんが、私なりに気をつけていることをお伝えいたします。

①手がかりをたくさん見つける
上の紙と下の紙、それぞれに付いているラインが一致するポイントを探しましょう。
ポイントは、多いほど精度が上がります。

②時間をかける
やっぱり焦るとクオリティが下がります。
「時間をかけすぎかな…」と思うくらい、ゆっくりやると良いですよ。

③適度に妥協する
身も蓋もない話ですが、これに尽きます。
全てのポイントが合う地点がなく、迷ってしまったら、なるべく根元に近いところを優先しましょう。

♦︎♦︎♦︎

というわけで、カメちゃん2度目の挑戦をお送りいたしました!

2週連続でカメちゃんに没頭しましたが、なかなか充実した週末でございました。

もっと色々な作品に挑戦したいけれど、これくらいのペースが限界かな。

しかも、もうすぐ「神谷哲史折り紙作品集3」が届く予定。

やる時間ねぇ\(^o^)/

1日が3時間くらい長ければいいのに!
通勤電車、会議室みたいな形にならないかな…

#川畑文昭 #亀 #カメ #turtle #動物折り紙 #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #paperwork #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。