見出し画像

川畑文昭さんの「ステゴサウルス」にリベンジ! 〜もうやりたくないと言ったのに〜

川畑文昭折り紙作品集の中でも「変態」と名高いステゴサウルス。

2回目のチャレンジにして、やっと納得のいくクオリティになりました!

「できねぇ」「悪夢」などとボヤきながら、何とか完成させたのは、1週間前のこと。
(6月3日の記事)

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があるように、人間というのは愚かなものです。

あんなに辛い思いをしたのに再挑戦するなんて、マゾなんじゃないか。

ということで。
一応、曲がりなりにも“2周”した私から、僭越ながらアドバイスも兼ねて、今日のコラムをお送りいたします。

❶「初心者殺し」の序盤を乗り切る
❷多少の誤差は、どうにでもなる!
❸深まる「作品への理解度」

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶「初心者殺し」の序盤を乗り切る
いきなり「8/23」という、ワケの分からない寸法から始まるステゴサウルス。

3等分を8箇所同時にやったり、紙の途中のヘンな所から折ったり…
という具合に、変則的な折り筋がたくさん出てきます。

「ここの折り筋、付けづらいな…」
と思ったら、いっそのこと、反対に折ってしまいましょう。

特に、工程19で3等分するシーンでは、谷折りのラインのうち片方を山折りに折り直すと、すんなり折れました。

変則的な角度をつける工程22も、絵柄がジャマして目印が見えづらいので、反対(山折り)に折ってから谷折りに直しました。

「終盤になって、破れたらどうしよう」と心配になりますが、よほど乱暴に扱わない限り、意外と大丈夫です。

紙の消耗に気を取られて、ラインがずれては本末転倒。

無理やり引っ張るような過酷なシーンは出てこないので、思い切って何度も折り直しましょう。

❷多少の誤差は、どうにでもなる!
ハイレベルな作品は、少しの誤差が命取りになることがよくあるのですが、ステゴサウルスは何とか押し切ることができます。
(事実、1回目は結構ごまかしました)

蛇腹を重ねたままボキボキ折っていくと、端の方がメチャクチャになりますよね。
どうせ体の内側に隠してしまうので、ノープロブレム!

背中の板や、おなかの形が歪んでいても、最後に微調整すれば「それっぽく」なります。

所々で「うわ、ズレた!」
と落ち込む事もありますが、あまり気にせず進んでいきましょう。
諦めなければ、何とかなります!

❸深まる「作品への理解度」
2回目となる今回は、前よりも短時間、なおかつ細部までキッチリ仕上げることができました。

まるまる3ページにわたる地獄のような仕込みも、あんなに苦しんだ工程78も、サクッと乗り切れたのが不思議です。

前回ごまかした箇所も「ここかッ!」と折るポイントを見つけることができました。

自分の成長を感じられて、とても嬉しいです。
まだまだ私にも、「伸びしろ」があるじゃないか。
これからも、どんどん挑戦を続けていこうと思います。

♦︎♦︎♦︎

勝田恭平さんに言われた、
「うまく折るためには、何個も作って理解度を深めましょう」
という言葉が、心にしみます。
(元記事は5月14日)

え、たったの2個だって?
まだまだ理解度が足りない?

いやまぁ、それはね。
ほ…ほら、インターバルって大事でしょ?
他の作品も折りたいし…

え?
3個目?
パ、パイセン、ちょっと休憩させてください!

#川畑文昭 #恐竜折り紙 #ステゴサウルス #stegosaurus #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #paperwork #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。