見出し画像

スパイク仕様の青い剣咲き、3色揃って信号になる

剣弁高芯咲きのバラ、5つ目のチャレンジは「青色」です。

使ったのはタントの35cm。
こちらも、国内お店やAmazonで普通に買えます。

前回の黄色、前々回の赤を合わせると…

「剣弁高芯咲きの信号」

これをやってみたかったんです。
満足です。

(前回:2019/11/01)
https://note.mu/masanii_origami/n/n94ef8f421aaa
(前々回:2019/10/28)
https://note.mu/masanii_origami/n/n400085e80249

さて。
だんだん工程を覚えてきて、前回あたりからテキストを見ずに作れるようになりました。

そろそろアレンジをやってみようかな、ということで。
今回は、3列の花びらに、それぞれ細工をいたしました。
ちょっと、攻撃的になりすぎたかも…

🍀今日のトピック🍀
❶1列目:思い切りシャープに
❷2列目:中割り折り+回転
❸3列目:曲線でトゲ感を演出

♦︎♦︎♦︎

❶1列目:思い切りシャープに
テキストでは、先端を細くしてからボキッと横に折り曲げる1列目。

今回はここを、さらに細くしてみました。

先端をつまんで、根元に向かってゆるやかなカーブを描きながら、山折りします。

凹ませるのは左側で、右側は時計まわりに流す感じです。

「剣咲き」は佐藤ローズの中でもかなりシャープな方なのですが、これでさらにトゲトゲになりました。

❷2列目:中割り折り+回転
通常の剣咲きではやらない2列目の中割り折りを、試しにやってみました。
ハイブリッドティーローズを作ったことがある方には、お馴染みの工程です。

ふくよかな花びらが、少しスリムになります。

この細工は個人的に大アタリで、とても私好みの形になりました。
次回以降も採用しようかと思います。

また、よりシャープに見せるために、先端をギリッと尖らせて、半時計まわりに流しています。
1列目とは反対向きの流れです。

時計まわりでも良かったのですが、左右の大きさを考えると、この方がナチュラルで、花びらが大きく見えます。

❸3列目:曲線でトゲ感を演出
最後に、一番上の花びら。
テキストでは外側にボキッと折るだけなのですが、今回は折らずにカールさせました。

上から見える面が小さくなるので、よりトゲトゲした印象に。
1列目・2列目をシャープにしたので、この方がバランス良くなります。

ここで全体を見てみると、かなり尖った攻撃的なバラに仕上がりました。

「バラ」というより「いばら」という感じですね。

このツンツン具合は結構好みが分かれそうですが、やってみたいポイントがありましたら、ぜひ取り入れてみてください。

♦︎♦︎♦︎

というわけで、剣咲き5つ目して、がっつり改造を加えてみました。

よくよく見ると、全体の形が微妙に歪んでいますね。
尖らせるのに夢中でバランスを欠くという、ちょっと課題が残る結果となりました。
外側の仕上げは、HTローズやNMローズより難度が高いです!
(中心の整形は、NMの方が難しいです)

もっと精度を上げて、より美しく作れるように頑張ろうと思います。

#剣弁高芯咲きのバラ #剣咲き #タント紙
#pointedpetaledrose
#青いバラ #bluerose #佐藤ローズ #satorose #バラ #rose #origamirose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。