【#読書メモ】メモの魔力

NewsPicksの記事で前田さんのノートとり方を見て、”戦略的なノートの使い方をしているな”という印象を受けて読みたいと思った1冊。結果、読んでみてHow to だけに留まらない、これからメモをしたくなる良本でした。

【書籍概要】

【目次】
序章 「メモの魔力」を持てば世界に敵はいない
第一章 メモで日常をアイデアに変える
第二章 メモで思考を深める
第三章 メモで自分を知る
第四章 メモで夢をかなえる
第五章 メモは生き方である。
終章 ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう
【著者プロフィール】
前田裕二さん
1987年東京都生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、UBS証券株式会社に入社。2011年、UBS Securities LLCに移りニューヨーク勤務を経た後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エー入社。「SHOWROOM」を立ち上げる。2015年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。


【特に気になった箇所①】

より本質なことに少しでも多くの時間を割くためにメモをとっている。本質とは、コピーではなく創造、代替可能物ではなく、代替不可能物。つまり、クリエイティブで新たな知的生産につながる思考や、自分にしか思いつかないような代替不可能性の高い思考。これら価値のある本質的思考に1秒でも多く時間を割くために、メモをしているのです。

ここを読んで頭に浮かんだのはレンガを積む話。レンガをただ積み上げている人と、建てる建築物も明確にしている人では、結果も心持ちも異なってく話に繋がるなと。書籍の中でもでてきますが、メモを同じで”備忘録”でとどめるのと、”知的生産”のために使うでは、インプットとアウトプットの質が全く異なるよなと。


【特に気になった箇所②】

「ファクト→抽象化→転用」
1.
インプットした「ファクト」をもとに、
2.気づきを応用可能な粒度に「抽象化」し、
3.自らのアクションに「転用」する。

仕事で行っているSNSの投稿分析では、「なぜ良かったのか?」の要素を取り出して、その要素と別の軸と掛け合わせて、新しい投稿のアイデアを生みます。アイデアの規模は違うかもしれないけれど似ているなと思う。この一連のフレームは色んな事に転用できるなと思いました。

また、先日読んだ本、「なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか」解釈事実を考える話ともつながり、色んな点がつながってきてちょっとワクワクしました。


【特に気になった箇所③】

メモや抽象化の技法をまなんだところで、結局、「自分が何をやりたいか」ということが明確でなければ、さして意味がありません。まるで、特に倒したい敵もいないのに剣を持って佇んでいる戦士のようなものです。

書籍の中で紹介されているメモの技法はあくまで手段。その先の目的を持っていないと確かにうまく生かせずに終わってしまいますね。この目的をしっかり作り出すために、特別付録の自己分析1000問がついてます。メモの技法を教えるだけにとどまらず、目的を明確化させることもセットにしているとこがこの本のスゴイところだなと思ったポイントです。


【総評】

メモをどう活かせば人生にいきるかの本質が分かる本。また、本書は、メモの技法から人生の話につながりますが、後ろから読み進めていくのも良いのではないかと思いました。そうするとこんか感じになりそう。

1.自分のやりたいコトを定める(1000の質問)
→定めるためには、自分に様々な問いを課し、自分をしっかり知る。

2.やりたいコトを、パクリでなくオリジナルのアイデアでやるには、情報の本質を探るコトが出来るようになるコトが必要。
→「これ流行ってる!」→「なんでこれ流行っているんだろう?」を日常にする。そしてそこから抽象化してアイデアに転化する。

3.情報から本質を抽出しアイデアをだすには、「ファクト」→「抽象化」→「転用」のスキームが素敵。

情報を問にすると思考が深まるんだなと思った1冊でした!





【メモ】

序章
・映画やテレビ、ネットコンテンツなどで「ヒットしている」と騒がれるものがあるともうワクワクが止まらなくて、「なんでこれは、こんなに流行っているんだろう」とすぐに考えて、オリジナルのノートにメモをしています。
・「あなたはどういう人間ですか?」「何がしたいのですか?」「一番大事にしていることはなんですか?」と突然聞かれて、とっさに答えられる人はなかなかいないでしょう。つまり自分のことをよく知らないまま行きている。
・「人生の軸」、これを持っている人は、あまり迷いません。軸を持ってない人は、いつも何かにつけて迷ってしまい、勢いよく前に突き進むことができません。自分が何に喜びを覚えるのか、何を幸せと思うのか、が明確になってこそ、大きな推進力を持つことができます。自分を知り、確固たる「人生のコンパス」を手に入れる。そのためのツールとして強い力を発揮するのが、本書で紹介する「メモ」なのです。
第一章
・ファクトは最初から与えられたものとしてわかっている前提で、では今度は、そこから何が言えるのか、そして、どうアクションするのか。これらを一歩踏み込んで考えることこそが、クリエイティビティです。「過去のファクトを思い出す」という余計なことに思考の時間を割かないために、メモをするわけです。
・メモやノートは、記憶をさせる「第2の脳」です。いわば「外づけハードディスク」として、あとで検索できるように書いてあるのです。言うまでもなく、第一の脳は、創造力を発揮させる自分の脳です。
・ノウハウを伝えたいわけではない。何らかの目的をもって、日々のあらゆる情報に対して、毛穴むき出し状態でいられるかどうか。身の回りのあらゆる情報にアンテナを張り、そこから何らかの知的生産を行うい意識を持てているかどうか。この、弛まぬ知的好奇心と知的創造に対する貪欲なスタンスこそが、メモ魔として最も大切にすべき基本姿勢であり、この本にであってくださった皆さんにフォーマット以上に身に着けてほしい素養です。
第二章
・ 抽象化の際に考えるべき3つの型:What型、How型、Why型。
・僕は、人より本を速く読むことができます。それは、「本の具体ではなく、抽象を読んでいるから」です。個別具体のエピソードではなくて、「抽象レベルで何を言っているか」という観点で読む。構造を読む、とうことです。木に例えるなら、枝葉や葉脈はさっと飛ばし、幹の部分を読むのです。だから、速く読めます
・ 解くべき課題の明確化は、抽象化の前段階において、ビジネスパーソンがまず向き合わねばならない問題かもしれません。
・人は、概念に名前をつけないとそもそも思考できません。記憶もできないし、他の何かに応用することもできない。人間は抽象化、そして言語化することによって、クリエイティビティを獲得しているのです。
・抽象化ゲーム:一見関係なさそうな別の何かをくっつけて、AはBであると言ってみる。Aの部分は抽象度の高い言葉に。エンタメとはハイボール。人生は小籠包。
第三章
・「自分は何者か」「今、何がやりたいのか」「これから何をやっていくのか」といった問いを明確に答えられる人間であるかどうかか、今後、ますます大事になっていきます。
・これからの時代は「アジェンダ」を持っている人が豊かになる。
・ブロックチェーン技術が生活の至るところに行き渡り、分散型社会への変革が進めば、組織や企業という概念、枠組みさえ、薄まってしまうかもしれない。
・何かに熱狂している「オタク」であることが、価値創出の根源になると考えます。
・ 経験していないこと、知らないことは、「やりたい」とおもうことさえできないのです。であれば、経験の数自体をふやして、「やりたいこと」を見つける確率を上げましょう。
・「では具体的に何をするか」まで書かなければ人生は変わらない
・よく「やりたいことが見つからないのですが・・・」という人の相談を受けますが、自分に対する問いに100問答えて、全て抽象化し、転用までやれば、きっと、自分が心からワクワクする何かが、少なくともその重大なヒントが見つかるはずです。
第四章
・モチベーションの2類型
ートップダウン型:自分の最も大切な人生の軸が定まっている人
ーボトムアップ型:自分がワクワクする度合いで重要度を決める人
・ボトムアップ型の方が結果として多くの共感を集め、仲間を増やし、夢を叶えやすくなりつつある。
・トップダウンととボトムアップ。逆算と、熱中。この両方の性質を併せ持つことが、夢への勝算を掴む秘訣なのかもしれない。
・「こんなに努力しているのに夢がかわなわい」ではなくて、「やるべきことが具体化出来てないから夢がかなわない」とうことに気づける。これは大きいです。
第五章
・メモを努力から習慣へ
第六章
・僕にとって、メモとは生き方そのものです。メモによって世界を知り、相手が生まれる。メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。メモによって自分をしり、人生のコンパスを持つ。メモによって夢を持ち、熱が生まれる。

#書評 #読書メモ #思考法 #推薦図書 #本 #読書 #レビュー #本 #前田裕二 #SHOWROOM #メモ #ビジネス #アイデア #NewsPicks #NewsPicksアカデミア #買ってよかったもの

 

このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは本の購入費用に充て、みなさんの新しい知識・視点の発見に少しでも寄与できればと思っています!

わたしもスキです!
33

竹下 正光

読書メモ

コメント2件

気になってる本だったので参考にします!
みずきさん
色々な発見がある本だったのて是非!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。