映画『存在のない子供たち』



 レバノン出身のナディーン・ラバキーは、中東を代表する映画監督の1人だ。デビュー作『キャラメル』がカンヌ国際映画祭の監督週間で上映され、さらに同映画祭の“ある視点部門”の審査員長を務めた経験もある。

 そんなナディーンの最新作が『存在のない子供たち』だ。本作の主人公は、12歳の少年ゼイン(ゼイン・アル・ラフィーア)。だが、この年齢には“たぶん”という留保がつく。貧しい両親は出生届を提出しておらず、歳がはっきりしないからだ。ゆえに誕生日もわからず、法的には存在しない子供である。
 ゼインは中東の貧民窟で暮らしている。一日中両親に劣悪な労働を課せられ、学校へ通うこともできない。それでも、11歳の妹を心の支えに、何とか生きてきた。ところがある日、その妹が強制結婚させられてしまう。ゼインはそれを食い止めようとするが、力及ばず妹は連れていかれる。このことに怒りを隠さないゼインは、家を飛びだす。生きていくため仕事を探すものの、IDがないため職にはつけない。それでも、エチオピア移民の女性と知りあい、彼女の子供を世話しながらなんとか生活していた。しかしその後、ゼインは衝撃の事実を知る。そうしたさまざまな要因が積みかさなり、ついには両親を相手に、裁判を起こすに至る。「何の罪で?」と裁判長に訊かれたゼインは、率直にこう答えた。「僕を産んだこと」。

 本作の制作に入る前、ナディーンは約3年ほどリサーチしたという。貧困家庭やシェルターに足を運び、そこで得た経験がフィクションに昇華されている。そうした現実の匂いを可能な限り残すためか、キャストのほとんどは役柄の境遇に近い素人だそうだ。ゼイン・アル・ラフィーアにしても、レバノンに逃れてきたシリアの難民である。
 つまり本作は、演技でない情感に演出を施すという、ネオレアリズモ的な姿勢で撮られている。たとえば、ネオレアリズモを代表する映画『自転車泥棒』で、監督のヴィットリオ・デ・シーカが街の子供をキャスティングしたやり方などは、本作の手法と重なる。もっと言えば、妹を連れ去る者たちを追うゼインの場面には、同じくネオレアリズモの代表的映画『無防備都市』の名シーンを見いだすことだってできる。その名シーンとはもちろん、護送車に乗せられたフランチェスコを追うピーナの最期だ。このように本作は、ドキュメンタリー的なリアリティーの鮮度を確保しつつ、フィクション特有のドラマティックさも描くことで、私たちに強いメッセージを届けてくれる。一方的に何かを断罪できるほど単純でない現実をふまえながら、ドラマ性も獲得できるナディーンのバランス感覚は秀逸だ。

 このバランス感覚は、裁判で証言するゼインの母親のシーンにも表れている。法廷に立ったゼインの母親は、自らの苦境を告白する。どのような暮らしをしているか考えたことがあるかと、泣き叫びながら。その叫びによって、ゼインの両親も社会に見捨てられた被害者なのだと、観客は理解する。
 わかりやすい勧善懲悪の構図を丁寧に避ける本作は、特定の誰かに責任を負わせるのではなく、ゼインのような者が生まれてしまう社会の構造に刃を向けている。なぜ貧困や虐待は連鎖してしまうのか? なぜこのことに社会は無理解で、無視する者までいるのか? こうした意図に気づくと、ゼインが本当に訴えたかった相手も見えてくる。両親のみならず、その背後にある不平等で歪な社会を告発しているのだ。選択肢のない弱者を無慈悲に切り裂き、偽善100%保証付きの笑みを浮かべる者で溢れる、そんな社会。ゼインが抱える怒りや哀しみの矛先は、私たちである。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

コンビニの100円コーヒーをおごるくらいの気持ちでチャリーンとしてくれたら嬉しいです!

ありがとう!励みになります!!!
6

近藤 真弥

ポップ・カルチャーが大好きなフリーライター/編集。批評スタイルは「群れずに是々非々」。主な仕事のまとめ : http://masayakondo.strikingly.com/ 連絡先 : acidhouse19880727@gmail.com

映画/ドラマレヴュー

観た映画やドラマのなかから興味深かったものについていろいろと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。