世界を変えるのは、世界から逸脱した者たちだ 〜 映画『この世に私の居場所なんてない』〜



 今年1月に開催された、第33回サンダンス映画祭で審査員グランプリを獲得した『この世に私の居場所なんてない』が、早くもネットフリックスで配信されている。このことは映画業界にとって何を意味するのか考察してみよう...なんてリード文の記事ならPV数も稼げるのかもしれないが、ただの映画好きに過ぎない筆者は、そうした業界話にはあまり興味ない。もちろん業界話をするのは自由だが、それ以上に筆者の興味は作品自体に向いている。仕組み云々より、作品についてあれこれ語るほうが楽しい。いまはその楽しさが圧倒的に不足していると感じる。


 さて、肝心の内容について語ろう。本作は、ジェレミー・ソルニエ監督の『ブルー・リベンジ』(2013)で主演を務めた、メイコン・ブレアの初監督作品だ。ジェレミーとメイコンは幼なじみだそうだが、本作にジェレミーはプロデューサーという立場で関わっている。俳優としてだけでなく、監督としても世に送りだそうというわけだ。タイトルはどこか牧歌的な印象を抱かせるが、殺伐としたヴォイオレンス描写が随所で飛び出したりと、かなりドライな演出が際立つ作品だ。このあたりはコーエン兄弟の作品群を引き合いに語れる部分であり、本作の魅力ともいえる。


 だが、本作の最大の魅力は、世界から逸脱した者が自分の居場所を得るところにある。物語はメラニー・リンスキー演じるルースを中心にして進むが、このルースがとことん世界と噛み合わない。家の庭にウンコした犬の飼い主に注意しても淡白な返事をされ、盗まれたパソコンの在り処がわかったのに警察は動かない、さらに自分の悩みを言っても「あんたより大変な人は多い」と返されるなど、ルースの気持ちは徹底的に世界から排除される。



 しかし、そうしたルースを理解する存在が現れる。それがイライジャ・ウッド演じるトニーだ。実はトニー、先に書いた犬の飼い主だが、ルースがトニーの家に訪れたことがキッカケで2人の間にはぎこちない繋がりが生まれ、物語は大きく動きだす。まず、ルースはトニーと、盗まれたパソコンと祖母の形見を取りかえす。だがその後、ルースは無理やり強盗の片棒を担がされ、トニーはめった刺しにされて死にかけるなど、さまざまな災難に見舞われる。それでもなんとか災難を乗りこえ、最終的にルースは自分の居場所を見つける。ラストでルースが見せるしたり顔は充足感でいっぱいだ。


 こうした本作は、奪われたものを取りかえすというストーリー展開に、優しい励ましを込めている。最初は世界に理解されないルースは、トニーという理解者を得て、奪われたものを取りかえし、最後は自分の居場所を得る。この流れから読みとれるのは、世界に理解されないとしても、誰かが必ず理解してくれるはずだという切実な想いだ。事実、ルースはトニーと出逢ったことをキッカケに、自分の人生を少しだけ色鮮やかにし、目の前の風景を変えてみせた。

 本作は耳元でこう囁きかける。理解してくれない世界を変えられるのは、その世界から逸脱したあなたなのだと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

コンビニの100円コーヒーをおごるくらいの気持ちでチャリーンとしてくれたら嬉しいです!

言葉では表せないお気持ち、サンキューです!
10

近藤 真弥

ポップ・カルチャーが大好きなフリーライター/編集。批評スタイルは「群れずに是々非々」。主な仕事のまとめ : http://masayakondo.strikingly.com/ 連絡先 : acidhouse19880727@gmail.com

映画/ドラマレヴュー

観た映画やドラマのなかから興味深かったものについていろいろと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。