「選ぶ自由」が主体性を育てる~公教育と社会体育の視点から~

今回で4号となりました。おかげさまで、

#のべ1000PV

を達成しました。多くの方にお届けできているのがうれしいです。ありがとうございます!


さて、今回は、「チームに関わる方々(選手や保護者)の #主体性を育てる 」ためのヒントをお届けします。

1、公教育vs社会体育2、「選ぶ自由」が必要なワケ3、入部の段階で選んでもらう

1、公教育(学校体育)vs社会体育

まず、あまり意識をしていない「 #公教育」とは?「 #社会体育」とは?を簡単に整理しようと思います。

こんなん当たり前やん。

という声も聞こえそうですが、意外と考えたことないかもしれません。

#公教育」とは、すごーく簡単にいうと、

『すべて』の子どもに、 #自由になる力能 を身につけてさせる

ことです。で、その公教育の中にある「 #学校体育」では、当然、すべての子どもが力(筋肉とかではないです。笑)をつけるためにやります。

詳しくは #苫野一徳 さん「 #教育の力」を参照にしてください。


一方、「社会体育」とは、コトバンク(ネットですみません)でこう説明されています。

人々が #自発的 に参加し, #自主的 に行なう #スポーツ 活動などに対するサービスであり,目的と計画性をもった組織的活動をさす。

つまり、「やりたい人が来て(集まって)、自主的にやる」ということです。

ざっくりまとめると、、、

公教育(学校体育)→みんな( #興味は関係ない)社会体育→やりたい人( #興味ある人

となるワケですね。

2、「選ぶ自由」が必要なワケ

私は今、 #小学校の先生 をしています。
そんな私が痛感していること。それは、学校には、

この続きをみるには

この続き:1,305文字/画像2枚

「選ぶ自由」が主体性を育てる~公教育と社会体育の視点から~

まさ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが、次の記事のエネルギーになります! 私の経験、あなたのためにシェアさせていただきます^_^ サポートよろしくお願いします!

次の記事で気持ちを表します!笑
16

まさ

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント1件

中村さん
ありがとうございます★
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。