人は余韻によってのみ成長できる

※本ブログは3度繰り返して読んでいただくと情報が有益なレベルにまで浸透します。

映画や音楽、デートそして仕事と、人は一つのことに従事してそれを終えたときに余韻を纏って次の世界にシフトしていく。実働としての映画観賞や仕事の時間はこの場合〈陰陽の陽〉であり、その後に残っている余韻は〈陰陽の陰〉である。

この〈陰陽の陰〉としてはっきりと「自分はさっきまで従事していたことからどんな余韻を受け取っているか」ということを実感しておくことはとても大切なことである。その余韻は心地よいのか、ドッと疲れを感じるものか、凹んでいたはずの自分が膨らんでいるのか、など余韻には様々な種類があるがこれを十分に体感として感じ切っておくということだ。

それはなぜかと言えば余韻は〈陰陽の陰〉という性質があると述べたことに関係している。陰は陽を求め、陽は陰を求めるのはシンプルな宇宙原理である。この原理をもう少しだけ展開してみると〈陰→陽→陰→陽→陰→陽〉という順番によって宇宙は成り立っていることがわかってくる。そしてこのサイクルの中で良質の仕事やデートはその後に良質の余韻を生み、この良質な余韻を纏っている人はまた良質な活動(実働)に従事しやすくなるのだ。エネルギーが徐々に増加していく作用を作り出すことができるというカラクリだ。

この陰陽のリズム感において、例えば仕事術や恋愛ハウツーは巷にあふれているのでそれらを参照して貰えば良いと思う。私がその上で伝えたいことは日常生活とは仕事も恋愛も、食器洗いも、トイレ掃除も資金繰りも全てひっくるめたものであるが故にどれか一つに注力してスキルを高めるのではなく、自分がその瞬間従事している物事AとBとCといった各種の物事をスムーズにつなげていくための境目として響いている余韻こそ、実働のクオリティに大きく関わってくるまさに陰なる影響力である、ということである。

この〈余韻をしっかりと感じ切っていく〉ことは別の言い回しで「スペースを作る」と表現することもある。キチキチに物事を詰め込まずに仮にとても忙しくとも、30秒でも〈余韻〉にフォーカスしてみることを忘れずに静かなスタンスを確保しようとすることである。

最終的に、人が真の意味で成長や進化という概念を為すことができるようになるためにはこの余韻の世界観を十分に理解してそれをたっぷりとハートに吸収させることが重要になってくる。

ハートは聖なる空間が故に実働としての具体的であったり、ビビットな荒い周波数帯は入り込むことができない領域なのだ。しかし、ここに人間が真に啓いていくポイントがある。これは人が“自分が大切に思い常日頃従事している事柄”を尊重しながらも時たまそこから離れ純化された余韻だけを吸収するという〈影の実時間〉が必要になってくるという意味だ。

皆さんもこれまでの人生の中で素晴らしい余韻を味わったことがあるだろう。その時のような味わいの濃度を徐々に増やしていけば良いのだ。


【開催日時】
第9回 「日常統合化メソッド」体験セミナー
【日時】2019年10月22日(火)19:00〜19:45
【場所】渋谷ヒカリエ8階MOV

第10回 「日常統合化メソッド」体験セミナー
【日時】2019年11月21日(木)19:00〜19:45
【場所】渋谷ヒカリエ8階MOV
リンク先フォームよりお申込みください。お好きな日程を選んで頂けます。

【開催場所】
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
渋谷ヒカリエ8階クリエイティブラウンジMov

 【受講費】
1名 / ¥3,600

 【お問い合わせ】
info@skgdm.jp まで
まずは「日常統合化メソッド」体験セミナーこちら



SNSもやってる方はこちらも!
FB      https://www.facebook.com/masayuki.niitsuma?ref=bookmarks
Twitter     @starryniitsuma
Instagram    @masayuki_niitsuma  《インスタライブ定期開催中!》
note    https://note.mu/masayukiniitsuma

まずは「日常統合化メソッド」体験セミナーはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

新妻正幸

株式会社サイレントキングダム代表取締役 新妻 正幸
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。