見出し画像

【個人利用は無料】パスワードを自動入力できるパスワード管理ソフトBitwardenを利用しよう!

Appfav.netというWebアプリやサービスのApp Storeから好きなアプリを、スマホのホーム画面のようにあらゆるデバイスのブラウザで、マイアプリページから簡単にアクセスできるサービスを運営しています。

画像1

そのWebサービスやアプリを利用する時、SNS認証ができるものもありますが IDとパスワードが必要なことがほとんどです。

・パスワードを複数覚えるのは大変
・同じパスワードの使い回しはセキュリティーが悪くなる
・パスワードはメモしていたが、利用アプリが増えると探して入力が億劫

そこでパスワード管理ソフトを利用すると、
マスターパスワード1つだけ覚えればOK!自動入力してくれて楽!

になるので色々試しました。
その中で有料の1PassWordを使ってきましたが、
無料で1PassWordのように使えるBitwardenを知り、乗り換えました。

最近ではSafariブラウザならiCloudにパスワードを保存や、Chromeブラウザなどもブラウザごとでパスワードの保存機能があります。
Apple信者でMacやiPad,iPhoneでSafariしか使わないという人なら共有して一元管理できますが、いろんなデバイス環境でいろんなブラウザを用途によって使っていると共有してログインできない場合があります。そしてブラウザにパスワードを保存はセキュリティーが心配です。

そこでそれらの環境で共有して利用しやすいパスワード管理ソフトBitwardenを利用しましょう!

「BitWarden」は、100%オープンソースで高セキュリティ

・100%オープンソースソフトウェア
・Github上に全てのソースコードが公開
・2段階認証も設定可能
・全てのデバイスで同期、ほぼ全てのOS、ブラウザで使用可能
・個人利用は無料

オープンソースソフトウェアは、使用ユーザーが増えるほどコミュニティによるチェック機能が厳しくなり、より安全なソフトウェアになる特性があります。
全てのデータは暗号化してサーバーにアップされるため、開発チーム側でも内容を見ることはできません。
2段階認証も設定できるのでセキュリティーを高めるため、必ず設定しましょう。

無料で利用可能ですが、有料のプレミアムでは、
1GB の暗号化されたファイルストレージが使えたり
複数の2段階認証が設定できたりとさらにセキュリティーを強固にできます。
年間10ドルなら契約してもいいかも!

初期設定方法

https://bitwarden.comにアクセス

画像2

Create Accountをクリックして、まずアカウント作成をしてください。

画像3

パスワードは、マスターパスワード1つだけ覚えれば良いのでしっかり覚えましょう。

2段階認証の設定方法

セキュリティーを高めるため2段階認証は必ず設定しましょう!

Bitwardenにログイン
上部ヘッダーメニューの「設定」をクリック
サイドメニュー内の「2段階認証」を選択すると、下記画面になります。

画像4

プロバイダの認証アプリの「管理」ボタンをクリックし、マスターパスワードを入力。表示されたQRコードを認証アプリでスキャンするとアプリ上に6桁の数字が表示されるので、それを入力して有効化は完了です。

※認証アプリのGoogle認証システムはデバイス間での共有ができないため、スマホを新しく機種変更した時などに2段階認証のデータが引き継げず再設定が必要になってしまいます。
デバイス間共有ができるAuthyもしくは国産のIIJ SmartKeyの認証アプリがオススメです。

リカバリーコードの保存

リカバリーコードは、2段階認証ができなくなった場合に必要になります。
「リカバリーコードを確認」をクリックし、マスターパスワードを入力すると二段階認証のリカバリーコードが表示されます。コードを印刷するなりして保管しましょう。
このような大切なコードは、火事でも大丈夫な耐熱式の金庫に入れて保管や燃えない文字盤がベストですが、持ってなくて紙だと失くしそうという人はセキュリティーの高い別のクラウドストレージに保管するのも悪くはないとは思いますが自己責任でお願いします。
・OneDriveの個人用 Vault(厳重に保護する金庫フォルダ)はファイル3つまで無料
・PCloudの暗号フォルダpCloud Crypto今なら一生125ドル。ハッキングした者には10万ドル相当のBTCの懸賞金が付いています。

1Passwordなどからデータのインポート
これまで使っていたパスワード管理アプリからBitwardenへパスワードデータのインポートができます。
Bitwardenにログイン
上部ヘッダーメニューの「ツール」をクリック
サイドメニュー内の「データをインポート」を選択すると、下記画面になります。

画像5

1. インポートするファイルの形式を選択で選択できる必要なデータをエクスポートしておいてください。
2. インポートするファイルを選択
「ファイルを選択」ボタンからエクスポートしておいたデータを選択
「データをインポート」ボタンをクリックで完了です。

PC・Macのブラウザー拡張機能で使う方法

お気に入りのブラウザに拡張機能をインストールします。
Google Chrome|Vivaldi|Brave

Mozilla Firefox|Tor Browser

Opera

Microsoft Edge

Safari

拡張機能をインストールすると
ブラウザー右上にBitwardenのアイコンが表示されます。
クリックするとログイン画面が表示されます。
一度ログインすればマスターパスワードのみ入力すればログインできるようになります。ブラウザを起動したらログインするようにしましょう。
次で説明するパスワードの自動登録やWebアプリやサービスのログイン時に自動入力されるようになります。

ログインしてパスワードを自動登録
パスワードを覚えさせたいWebサイトのログイン画面でログインすると、
「このパスワードを Bitwarden に保存しますか?」と表示されるので、「保存する」ボタンをクリックするだけで保存されます。

手入力でパスワードを登録
拡張機能画面右上の「+」をクリックすると、「アイテムの追加」画面からパスワードを登録できます。

保管庫を同期
登録したパスワードは一定時間が経過すると自動で同期されます。すぐに同期したい場合は、拡張機能画面下の「設定」→「同期」→「保管庫を同期する」とクリックします。

画像6

ブラウザー拡張機能でパスワードを生成
拡張機能画面下の「ジェネレータ―」をクリック。

パスワードについて
パスワードは、アプリ・サービスごとに使い回さずに別のパスワードを設定しましょう。
英大文字+小文字+数字+記号の組み合わせで9文字以上から長ければ長いほど良いです。
このパスワードを Bitwarden に保存すれば問題ありません。
また、パスワードの定期変更は不要と総務省で方針変更して報じられています。(パスワードの定期変更を強要したら覚えやすい短いパスワードの使い回しが目立った。定期変更しても短いパスワードは解析されやすいので、定期変更せずとも長いパスワードの方が安全。)

スマートフォンで使う方法

スマホとも連携して使用できます。下記からダウンロード。

▼iPhone

▼Android

スマホでは、Face IDや指紋認証を設定することで、マスターパスワードすら最初の入力以降必要なく利用できます。
iPhoneの場合「Password AutoFill」と連携すれば更に使いやすくなります。

「Password AutoFill」の設定方法
「設定」→「パスワードとアカウント」→「パスワードを自動入力」→ パスワードを自動入力をオンにして「Bitwarden」を選択しておくと、
ログインの入力フォームをタップするだけでキーボードにパスワード入力のボタンが表示されます。クリックだけで入力できます。

まとめ

以上のように初期設定すると、
・新規ログイン時にワンクリックでログイン情報をBitwardenに保存
(※英大文字+小文字+数字+記号の組み合わせで9文字以上の長いパスワードで使い回しをしない)
・その後のログインはすべて自動入力
で安全で大変便利になります。
保管庫を検索すればパスワードの確認もできます。
これでパスワードがいくつ増えても問題ありません!
2段階認証は必ず設定して守りましょう!

宣伝

AppfavでWebアプリやサービスをいろいろ利用してみよう!

SafariやChromeのブラウザごとのブックマーク機能も充実してますが、別ブラウザで共有して使えないと不便なので冒頭で紹介したAppfav.netを作成しました!Webアプリをスマホのホーム画面のように使いやすくするサービスです。ほぼすべてのブラウザで利用できます。

現状ネイティブアプリの方が使い勝手は良いですが、ダウンロードのハードルが高くWebアプリでも遜色のないものが作れるようになってきているので、まずWeb版をリリースして様子をみて、人気があればアプリ版も作成する場合も多いようです。
まずWeb版を試して気に入ってアプリがあるならダウンロードして利用するのも良いでしょう。

オススメAppfavランキングワード

ブラウザゲーム
VOD
マンガ
マッチングアプリ
仮想通貨

などなどお試しください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
暗号資産 投資家 DApps VR AR MR AIなど先端技術を好む。IT企業に10年以上勤務。サイト制作全般、SEO・SNS運営・Web広告などIT全般に携わる→起業→フリーランス(個人事業法人)。一時億り人。一人の伝道師(エバンジェリスト)として、何ができるかに挑戦します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。