見出し画像

イタリアと日本、ビジネス展開の違い その3(舌先三寸)

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112

年間ありがたいことに、様々な展示会で日伊通訳を担当させていただいている。そのお陰で、人のことは目で見て信頼感と責任感あるかないか、大体わかる能力を付けてしまった。
それを踏まえ、イタリアと日本の企業を見てどこが違うのか、わかりやすく説明したいと思う。

日本企業の場合
・トップクラスの専門知識を持ってる企業は、「できる」「できない」の判断を簡単にしない。1ミリでも普段と異なるオーダーをしただけで、担当者と相談して可能かどうかを確認する時間が必要。ザ・日本式。できそうな作業でもその場で言い切れない。
・できるというまでは時間がかかるが、「問題なくお引き受けできます」の連絡が来たら100%できる。信用できる。
・契約は簡単ではないが、日本式の全てのステップをクリアしたら、日本のマーケットで成功できる可能性が高くなる。
・外から見ると無駄な時間が多いかもしれないが、日本人にとっては、問題を発生させないように細かいところまで考える、必要不可欠な行程なのだ。
・海外商品のチェックは厳しく、何かあればすぐ連絡する一方で、支払いや納期を守る。

イタリア企業の場合
・全ての条件がクリアできなくてもとりあえず「できる」と言う。仕事を受けてから考える。展示会では、何でも「大丈夫」「問題なくできる」と言いながら、座って詳しく話したら「できない」「条件は違う」と言い、お客様を困らせる場面をよく見る。
・出来上がった商品にクレームが入ったら「言い訳」が出る可能性が高い。
・打ち合わせの時にサンプルや資料を持っていくと言いながら、半分以上のものが出てこない。
・僕もいつもわからないけど、何らかの理由で納期が遅れる。納期、の言葉はイタリア人に通じないらしい。

しっかり日本のマーケット・日本の社会を理解しようとしてるイタリア企業は、問題なくビジネスができる。
僕の経験の中で一番困ってる分野は「アパレル」。その中で、南イタリアの企業や職人さん(以前に書いた記事だ)とのビジネスは非常に大変で、最初から期待しない方がいい。
失礼を承知で言うと、勝手すぎるのだ。プライドが高く、日本で販売したいと言いながら、頭を下げない。何もしない。文化、という括りでは収まらないほど、難しい。日本の心を学んで理解している僕から見ると、交渉や通訳は涙が出るほどムカつくことが多い。

海外の企業が日本でビジネスをしようと思うのなら、言語より、文化より、その国の社会でのルールや考え方を知るべき、学ぶべきだと感じる。
それさえクリアすれば、日本企業ほど信頼のおける、頼もしい存在はない。

Massi

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、さらに言語の理解を深める為の投資に使いたいと思います

ありがとうございます
15

Massi

Ciao! イタリア・ピエモンテ出身の日伊通訳&コンサルタントMassi | 35歳 | 日本在住12年目 |JP - IT interpreter & consultant in Japan. イタリア領事館の翻訳宣誓認証。トリノ大学院文学部日本語学科修士課程。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。