見出し画像

イタリアと日本、ビジネス展開の違い その1

母国以外でビジネスを展開するにあたって、一番大切なことがある。
それは、「受け入れる心」だ。

通訳に必要な能力は言葉の通訳はもちろん、文化の通訳。
「文化の違い」というのは目に見えないものであり、「空気」というのはまた目に見えないもの。

ビジネスにおいての敵は、日本人の「心から気を遣うこと」と、僕は感じる。
はっきり話し、心をオープンにしさえすれば、スムーズに事が運ぶのに。
そう、だからこそ、僕たちがいるのだ。

僕たち通訳者とは、目に見えないものたちを、人から人へ伝えていく、そんな仕事なのだ。音しかない「言葉」と形にならない「文化」と「空気」。
これらを組み合わせれば、スーパー通訳者より、立派なビジネスマンになるはず。日本人の心を理解する方法はあると思うが、誰でもできるわけではない。

今から書く内容は、母国とは違う国で働きたい、住みたいと思っている方に向けてのアドバイスであり、少しでも力になれれば幸い。

綺麗なメモを書こうとすると、必要なのは白紙だ。既に書いてる紙にメモすると読みづらくなる、言葉の理解はできないこともある。
だから最初から綺麗に書いていつでも理解できるように、真っ白な紙が必要。
このように、日本の「文化違い」も同じだ。育てられた国の文化、習慣、感覚を置いといて、新しい目でそのまま受け取る。日本人のように、生きていくのが簡単ではないと思うけど、そうすると人生にない「文化のバックグラウンド」ができる。
言葉の違いよりも、バックグラウンドの違いの方がビジネスに大きな壁になる。

僕が実践して良かったこと
・母国と自国を比べない
・言葉より目で確認して真似る
・先輩・後輩のことを学び、知識にする
・日本にしかない表現(お疲れ様です、お世話になります。恐れ入りますが。など)を考えずにすぐ言えるように練習
・簡単なことでも深く考える

イタリアで働いたり住んだりしてる日本人は、日本モードで行くとストレスが溜まってしまう。思ってることを言わずに、分からないままにしておくと、爆発する可能性が高い。

まずは、日本ではないから、日本のことを忘れてイタリア人のようにすれば楽になる。仕事もプライペートも人間関係も少しずつ変わってくる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、さらに言語の理解を深める為の投資に使いたいと思います

ありがとう!
29

Massi

Ciao! イタリア・ピエモンテ出身の日伊通訳&コンサルタントMassi | 35歳 | 日本在住12年目 |JP - IT interpreter & consultant in Japan. イタリア領事館の翻訳宣誓認証。トリノ大学院文学部日本語学科修士課程。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。