見出し画像

Note開始3週間弱で2万PV超えました!

8月7日からNoteを書き始めて、ほぼ毎日書き続けてる日伊通訳マッシ(@massi3112

今日は通訳の話ではなく、3週間Noteを書いてみてわかったことの話である。

ツイッターというSNSをメインで使っているが、フォロワー1万人超えたのをきっかけに、NOTE開始を決めた。
通訳とコンサルで出張が多く、日本全国をずっと回ってる中、皆さんに自分のことをもっと知ってもらいたいという、強い気持ちを抱くようになった。毎日いくら忙しくても「Noteを書く」と決めた僕。なんと、3週間弱で2万PVを達成した。これからも感謝しながら、イタリア人らしく情熱的に書く。皆さんのおかげで、その気持ちはアップしかしない。

2万PV達成できた理由は、自分らしく書いていたから。自分の情熱から苦労まで感じてもらうのは、とても大切だと思う。同じ立場としての目線で、誰でも理解してもらえるような書き方で。
いつも力を入れるところは「心の繋がり」。
もう一つは、ネットや本などに書いてない経験、エピソード、現場で感じたこと、現場で学んだことをわかりやすく語ることだ。

毎日書くことで、人柄が出て、会ったこともないのに、友達のような感覚で「マッシの記事が出たかな」「新しい記事を読みたいなぁ」のような気持ちになるのが僕の狙いである。
人と繋がりたい!

さらに僕が意識していることを、書き出してみた。
・長く読んでもらうには、何の順番で出すか考えるべきだ。いくらネタやエピソード、経験があっても、同じような流れで書き続けると、読者は慣れてしまう。
・エピソードを出す頻度を考えるのが良いだろう。いろんなサイクルで話題を出すことで、読者は面白いネタが「欲しくなる」。その時に出すのが重要なのだ。
・また、載せる時間、曜日も重要だ。お仕事帰りの平日の夕方から就寝までの時間帯は、SNSのゴールデンタイムとよく言う。土日は基本的に平日よりも反応は薄い。
自虐ネタを書くのも重要だ。恥ずかしいと思ったら書くべきであり、書く価値がある。
・さらに、カッコつけないこと。自分を取り繕ったところで、いつかバレる。
お金は大事だが大事ではない。友達のような関係になるほど、それ自体が価値がある。仲良くなれた流れでお金をもらえればラッキー。
・内容は自己満足ではなく、役に立ちそうなことを書く。自分らしく、勉強になりそうな内容、人に役に立ちそうな情報を書けばうまくいく。そして、読者の気持ちを考えること。
自分に厳しく、相手に優しく。いただいたコメント等は、即レスすることも非常に重要だ。
・しっかり自分の顔を出す。顔は、看板!信頼感にもつながる。

これらは、僕がNoteやTwitterを書く上で、また、中には対人関係でも気を付けて意識していることである。この情報が、皆さんの力になれれば嬉しい。
友達のような関係を作りたい。


いつも読んでいただき、スキ押していただきありがとうございます。
Grazie di cuore!

Massi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、さらに言語の理解を深める為の投資に使いたいと思います

ありがとう!
25

Massi

Ciao! イタリア・ピエモンテ出身の日伊通訳&コンサルタントMassi | 35歳 | 日本在住12年目 |JP - IT interpreter & consultant in Japan. イタリア領事館の翻訳宣誓認証。トリノ大学院文学部日本語学科修士課程。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。